横浜ゴム 2022年のモータースポーツ活動計画を発表

横浜ゴムは2022年3月4日、2022年のモータースポーツ活動計画を発表した。横浜ゴムは中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」のタイヤ消費財戦略で、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「アドバン」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「ジオランダー」、「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げており、その中でモータースポーツ活動を技術開発と「アドバン」、「ジオランダー」ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦する。また、注目点としてサステナブルな社会実現に向けた活動の一環として、再生可能原料やリサイクル原料を用いたタイヤの開発を極限のテストの場であるレースにおいてスタートすることも発表している。

スーパーGT

GT500では2021年シーズンに全8戦中、3回の表彰台を獲得。2022年も2チームと優勝を目指す。またGT300では15台をサポートし2年振りのシリーズチャンピオン奪還を目指すことになる。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

「第50 回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ADAC TOTAL 24h-Rennen)」と「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」に2021年からパートナーシップ契約を締結しているBMWカスタマーチーム「Walkenhorst Motorsport」の「BMW M4 GT3」3台で参戦する。

同チームは2021年のNLS第6戦「第44回RCM DMV Grenzlandrennen」で総合優勝しており、今年もアドバン・レーシングタイヤの「A005」(ドライ用)と「A006」(ウェット用)を供給する。

全日本スーパーフォーミュラ選手権

2016年からワンメイク供給を開始した「全日本スーパーフォーミュラ選手権」は2022年も「アドバン A005」(ドライ用)と「アドバン A006」(ウェット用)を継続供給する。なお、このスーパーフォーミュラ選手権には2023年から天然由来の配合剤やリサイクル原料などのサステナブル素材を活用したレーシングタイヤを供給する予定で、今年から年間7回のスーパーフォーミュラの各大会前後に行われるテストでタイヤの開発を開始する。

その他のカテゴリーは次の通り。
・TCRリージョナル選手権
 世界各国で行われるTCRリージョナル選手権のうち「TCR Scandinavia」などに「アドバン A005」(ドライ用)と「アドバン A006」(ウェット用)を供給。

・GT・ツーリングカーレース
 2021年からワンメイク供給を開始した北米の「Porsche Sprint Challenge North America by Yokohama」、「Yokohama Drivers Cup USA」、日本で行われる「インタープロトシリーズ」にアドバン・レーシングタイヤを継続供給。

北米の「Porsche Sprint Challenge North America by Yokohama」レース

・全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
 トップドライバーへの登竜門である同選手権は昨年に続いて「アドバン A005」(ドライ用)と「アドバン A006」(ウェット用)を供給。

・全日本ラリー選手権
 ターマック(舗装路)向け「アドバン A08B」および「アドバン A052」、グラベル(未舗装路)向け「アドバン A053」をラインアップし、多くのクラスでチャンピオン獲得を目指す。

全日本ラリー選手権に参戦する「アドバン KTMS GRヤリス」(奴田原文雄選手/東駿吾選手)

・その他ラリー/ラリークロス
 米国の「ARA Rally (American Rally Assosiation)」に参戦する「Subaru Rally Team USA」に「アドバン A053(開発品)」を供給。また、2021年から北米でスタートし、今年からヨーロッパと中東でも開催される「NRX (Nitro Rallycross)」では、これまでの内燃機関車両に加え、新たに追加されるEVカテゴリーに参戦する10台のEV車両向けにも「アドバン」タイヤを供給する。

・全日本ジムカーナ選手権
 全日本ジムカーナ・シリーズには、 「アドバン A08B」「アドバンA052」「アドバン A050」をラインアップし、多くのクラスでチャンピオン獲得を目指す。
 
・全日本ダートトライアル選手権
 「アドバン A053」をはじめ、軟質路面用「アドバン A031」や超硬質路面用「アドバン A036」など幅広い路面に対応したタイヤをラインアップし、多くのクラスでチャンピオンの獲得を目指す。

・オフロードレース
 SUV・ピックアップトラック向けタイヤブランド「ジオランダー」を使用し、北米の「The Mint400」やオセアニアでのデザートレース、アジアクロスカントリーラリーなどのオフロードレースに参戦する。
 
 2021年は「ジオランダー」装着車が数々のレースで高戦績を残しており、米国の「2021 King Shocks Area BFE Beatdown」の4800クラスで1-2フィニッシュ、メキシコの「第34回 SCORE SAN FELIPE 250」のPro UTV NAクラスで優勝、北米の「Best In The Desert 2021」シリーズの一戦である「2021 King Shocks Laughlin Desert Classic」の「Trick Truck」クラスで優勝を果たしている。

・ヒルクライム
 第100回を迎える米国のヒルクライムレース「Pikes Peak International Hill Climb」に今年も参戦する。今年はエキシビションクラスに参戦するEV車両にバイオマス(生物資源)由来のブタジエンゴムを使用した「アドバン」タイヤを供給するほか、その他のクラスでも多くの車両をサポート。
 
 また、「Porsche Cayman GT4 Clubsport」により競われる「Porsche Pikes Peak Trophy by Yokohama」へのワンメイク供給を継続する。2021年はオープンクラスとエキシビションクラスの2部門でクラス優勝を果たしており、2022年は総合優勝奪還を目指す。

・カートレース
 国内カートレースの頂点「全日本カート選手権」の最高峰クラスであるOK部門に参戦し、ヨコハマタイヤ・ユーザーのチームやドライバーとともに勝利を目指す。また、「ジュニアカート選手権」では2021年に引き続きFP-ジュニアCadets部門に「アドバン」タイヤをワンメイク供給するほか、海外でも「アジア・カーティング・オープン選手権」へのワンメイク供給を継続する。
 
・ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ
 モータースポーツ振興促進活動の一環として国内のラリー、ジムカーナ、ダートトライアル競技参加者を支援する「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2022」を実施している。受付期間は2022年4月30日 (当日消印有効)まで。
 
 この制度は登録したヨコハマタイヤユーザーを支援する制度です。対象競技などスカラシップの詳しい内容は専用サイトに掲載している。
ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップWEBサイト:https://www.y-yokohama.com/cp/motorsports/scholarship/

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る