横浜ゴム サステナブル素材のレーシングタイヤを2023年スーパーフォーミュラへタイヤ供給

横浜ゴムは2022年2月17日、2016年からワンメイク・タイヤサプライヤーを務める「全日本スーパーフォーミュラ選手権」に、2023年以降も複数年にわたりアドバン レーシングタイヤを継続供給すると発表した。そして2023年以降はサステナブル素材を活用したレーシングタイヤを供給する予定で、2022年から開発をスタートすることも明らかにした。

SF NEXT 50 テストカーのイメージ(PS4ソフト・グランツーリスモSPORTで制作したイメージ画像)

サステナブル素材を活用したレーシングタイヤの供給は、スーパーフォーミュラを統括する日本レースプロモーションが2021年10月に発表した「スーパーフォーミュラNEXT50」に賛同して実施する。

「SF NEXT50」はSDGsやカーボンニュートラルなど自動車、モータースポーツ業界を取り巻く環境変化に対応するため、サステナブルなモータースポーツ業界づくりを目的として様々な企業とともに推進していくプロジェクトだ。

横浜ゴムはこれまでに、2016年に開催の「ゴム・エラストマー技術展」や2019年の「第46回東京モーターショー」で、バイオマスから合成ゴムを生成する技術やリサイクル可能な熱可塑性ゴムの研究など、サステナブル素材の研究開発に関する発表をしてきた。

新たに開発するレーシングタイヤのイメージ

今回新たに開発するレーシングタイヤは、米の籾殻から生成したシリカ、アブラヤシの実やオレンジの皮から生成したオイルなど各種自然由来の配合剤を活用する。また同時に、廃タイヤから再生したゴムを再利用する。

この開発では走行性能を損なわずにサステナブル素材を採用していくことを目標とし、2022年シーズンのスーパーフォーミュラ各大会の前後の日程で、次期フォーミュラカーの開発テストと共同でタイヤテストを行ない、シーズン終了時までに2023年仕様のコントロールタイヤを確定する予定だ。なお、2023年以降もタイヤ開発を継続し、2025年にはスポーツ性能を犠牲にすることなくサステナブル素材を35%以上使用したコントロールタイヤの供給を目指すとしている。

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る