横浜ゴム 低燃費と経済性を両立した「ブルーアースEs ES32」発売

横浜ゴムは2021年9月15日、低燃費と経済性に優れたスタンダードタイヤ「ブルーアースEs ES32」を10月1日から順次発売すると発表しました。発売サイズは245/40R19 94W~135/80R12 68Sの全92サイズで、軽自動車からセダン、ミニバンまで幅広い車種に対応するサイズをラインアップしています。価格はオープンプライス。

「ブルーアースEs ES32」は従来品の「ECOS ES31」の後継モデルとして開発され、8年振りの新製品となります。従来品で定評のあった基本性能はそのままに、より優れた低燃費性能やウェット性能を追求。同時に偏摩耗を抑制しより長いタイヤ寿命を実現しています。

国内タイヤラベリング制度では全92サイズで転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「c」以上を獲得し、一部サイズでは転がり抵抗性能「AA」、また多くのサイズでウェットグリップ性能「b」を獲得しています。

トレッドパターンはライトニンググルーブや5ピッチ・トレッドパターンなどを採用し、ウェット性能や耐偏摩耗性能を向上させています。見た目にもこだわり、力強さと美しさを併せ持つデザインを実現。

コンパウンドは従来品にも採用した「ナノブレンドゴム」を採用し、優れた低燃費性能に加え、ウェット性能と耐摩耗性能をバランスよく両立させています。また、最適化した接地形状もウェット性能、耐偏摩耗性能に寄与しています。

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト


ページのトップに戻る