「人とくるまのテクノロジー展2021」 ヴァレオ自動運転と電動化の最新イノベーションを発表

ヴァレオジャパンは、2021年5月26日~7月30日まで、初めてオンラインで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE」に出展し、今日のモビリティの重要課題である自動運転と電動化に関する画期的なテクノロジーを発表しています。

自動運転を支える技術

自動運転について、ヴァレオは自動運転に不可欠な高精度な自車位置推定と3次元地図データのリアルタイム更新を行うヴァレオ「Drive4 Locate」を発表。

自動運転車にとって自車位置を正確に推定することは非常に重要であり、誤差が大きいと右左折時のふくらみ、停止線の超過、横断歩道への侵入など、さまざまな問題が起きるリスクがあります。

ヴァレオ「Drive4U Locate」は、標準のGNSS(衛星測位システム)と唯一の自動車グレードのLiDARであるヴァレオ・スカラ、ポイントクラウドマップのみを使用して、市街地でセンチメートルレベル(12cm以内)の精度での自車位置推定を提供しています。

ヴァレオ「Drive4 Locate」を搭載したヴァレオの自動運転テスト車両

ヴァレオとダイナミックマップ基盤(DMP)は、正確な自車位置推定と高精度マップ更新のためのテクノロジーを共同で開発・提供することに合意。DMPは安全・快適なADASと自動運転の実現に必要な高精度マップと高精度3次元点群データ(ポイントクラウドデータ)を提供しています。そしてヴァレオはADASと自動運転システム向けのセンサーとシステムを開発しています。

新開発のニュアフィールドLiDAR

またヴァレオは死角や至近距離にある物体や障害物の形状や距離を正確に検知し、3次元コクーンを形成する「ニアフィールLiDAR」を初めて発表。水平110度、垂直78度の視野角で、高解像度の検知データを提供。

低速走行に最適なニアフィールドライダーは、カメラやレーダーによる検知を補完し、3次元ニアフィールド・コクーンを形成します。ヴァレオのレーザースキャナー「スカラ」はメカ式ですが、ニアフィールドライダーはフラッシュライトを使って垂直78度×水平110度という広い視野角で、近距離は5cm、遠距離は30mまで死角や至近距離にある物体、障害物の完全な形状を検出できます。またコンパクトな形状で車両への取り付け場所を選ばず、容易に設置可能であることも特長です。

小型配送ロボット用のセンサーキット

人工知能を持つ自律走行車や小型配送ロボットなどの新しいモビリティ、車両が登場する中、ヴァレオは新たな自動運転車両に統合できるすぐに使えるテクノロジーを展開しています。ヴァレオ・モビリティキットは、センサー、電子制御ユニット、アルゴリズムで構成されています。

これらはヴァレオの「プラグアンドプレイ」認識システムにより、インストール後すぐに運用することができ、無人でのロジスティクス・ソリューションなどに使用可能です。これにより、自動車の品質と信頼性を備えた実証済みのテクノロジーを活用した新しいビジネスを、手頃なコストで実現できます。ユーザーは4種類のセンサー(超音波センサー、魚眼カメラ、ヴァレオ「スカラ」レーザースキャナー、ニアフィールドLiDAR)を選択できます。

48Vの電気自動車

電動化に関して、ヴァレオは群馬大学CRANTSと共同で48Vの4WD・電気自動車の軽トラックのデモカーを共同で製作しました。ヴァレオの48Vシステムを採用することで発進時の加速性能と走破性に優れた4WDのEVを手に届きやすい価格で実現します。

48V電源の4WD・EV

48Vの4WD・EVには、ヴァレオの48V電動モーター(eDrive:15kW)を前後軸に1台ずつ配置し、DC/DCコンバーターを1台搭載しています。48Vシステムはクリーンで廉価なEV軽トラックを実現するソリューションであり、今後登場する軽自動車より小さくて手軽な新区分の小型ニューモビリティ車両に搭載することも可能です。

アクアブレード

より安全なモビリティの実現に向けて、ヴァレオは自動車メーカー向けの最新テクノロジー「AquaBlade(アクアブレード)」を後付けキットとしてアフターマーケットにも導入します。

ブレード・ゴム部から洗浄液を噴射するAquaBlade

AquaBladeはワイパーブレードの多数の穴からウォッシャー液をフロントガラスに吹きかけて洗浄する画期的なワイパーシステムで、ドライバーの視野が妨げられず、安全性が向上します。AquaBlade後付けキットにより既存のウォッシャーシステムを活用しながら簡単にアップグレードすることができます。

ウォッシャータンクやポンプを追加する必要はなく、約30分程度の簡単な作業でAquaBladeを装着できます。また、簡単にブレード・ゴム部は交換可能で、寒冷地向けのウインター用ブレード・ゴム、撥水コートガラス向けに設計したブレード・ゴムもラインアップされています。

車内エアコン用フィルター

ヴァレオは車室内の空気を健康で快適にするエアクオリティ製品も紹介しています。ヴァレオのカーエアコン用消臭抗菌剤「わさびd’air (デェール)」は、わさびの抗菌成分によりエアコンの不快臭の発生を抑えます。臭いの元となるバクテリアを100分の1にすることができ(自社調査)、車室内を快適に保ちます。

わさびd’air

この商品は2006年7月の発売以来、順調に販売数を伸ばし、2020年末までに累計出荷数が430万個を越えています。

ヴァレオの「キャビンエアフィルター ポリフェノール」は、表面に天然系ポリフェノールを添着した高機能エアフィルターです。高い集塵性能に加えタンニン系のポリフェノールの抗酸化作用により、ダニ・スギ花粉・イヌ・ネコなどのアレルゲン物質を抑制。また、インフルエンザウイルス、ネコカリシウイルス、カビの抑制作用もあります。

「人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE」公式サイト

ヴァレオ出展サイト

ヴァレオ 関連記事
ヴァレオ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る