トーヨータイヤ「プロクセス TR1」5月1日から国内で順次販売

トーヨータイヤは2022年4月21日、グローバル・フラッグシップ・ブランド「プロクセス」シリーズに新製品「プロクセス TR1」を新規導入し、5月1日から国内で順次販売すると発表した。

「プロクセス TR1」は、国産のライトウェイト・スポーティモデルや輸入車のハッチバックタイプなどを想定したスポーティなタイヤだ。

そのため、ドライバーの要求に応える確かなハンドリング性能と独創的なデザインを兼ね備え、街乗りはもちろん、ワインディングの多い道路などでスポーティな走行を楽しめる特性とし、ドレスアップやカスタムを楽しみたいユーザーも満足できるタイヤとしている。

このタイヤの開発には、材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」を用いたフルシリカ配合の先進的なゴムコンパウンド技術の採用をはじめ、タイヤ設計基盤技術「T-MODE(ティーモード)」を活用し、構造の最適化を図っている。この結果、ウェットハンドリング性能と操縦安定性が従来品比で向上しており、スタイリッシュでアグレッシブな非対称デザインのトレッドパターンを採用し、デザイン性も重視している。

トレッドパターンは、ワイドな2本のグルーブ(主溝)、ロング・スラントグルーブを組み合わせ、タイヤ外側ショルダーは十分な剛性を確保し、コーナリング性能を高めている。

発売サイズは14インチ~18インチの15サイズ。価格はオープンプライスとなっている。

トーヨータイヤ 関連記事
トーヨータイヤ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る