パナソニック 5G通信車の性能を測定できる大型電波暗室

パナソニックは2019年9月19日、今後、超高速の5G(第5世代移動通信)を搭載することが急速に進むと予想されている自動運転車、コネクテッドカーをターゲットに、車両丸ごと全方位で通信性能測定が可能な、国内最大級の電波暗室を構築したと発表した。

パナソニック 5G通信車の性能を測定できる大型電波暗室

概要

車両デザイン設計の初期段階から、自動車メーカーとともに電波暗室を用いた共同評価を行なううことで、車両のデザイン・コンセプトと通信性能を両立させる5Gアンテナと、通信機の最適配置を行なうことが可能になる。

この電波暗室は、車両を乗せたターンテーブルを360度回転させながら、疑似基地局タワーを円弧状に移動させ、タワーと車両の距離も変化させることで全方位測定を可能にしている。

最大200の周波数ポイントを同時に測定でき、高い測定効率を実現している。さらに、パナソニックのアンテナ技術者が、各アンテナの詳細な測定データ解析を行なうことにより、複雑な入出力用の複数アンテナやビームフォーミング(指向性)の通信性能評価を行なうことができる。

車両用電波測定システム概要

  • 電波暗室サイズ:29m(D)×21m(W)×9m(H)
  • タワー高さ:8m
  • 測定半径:0〜7m
  • 周波数:700MHz〜9GHz、28GHz帯(その他周波数対応も可能)
  • 同時測定:200周波数ポイント
  • 偏波:垂直偏波、水平偏波
  • 測定角度:水平角 0〜359度、1度ステップ/仰角 0〜90度、1度ステップ
  • 場所:神奈川県横浜市

パナソニック 関連記事
パナソニック 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る