パナソニック SDカーナビ「ストラーダ」大画面モデル3機種発売

パナソニック・オートモーティブは2019年9月4日、「ダイナビッグ・スイング・ディスプレイ」を採用したSDカーナビステーション「ストラーダ」の大画面ラインアップを3機種に拡充し、11月上旬から発売すると発表した。

10V型HD「CN-F1X10BD」
10V型HD「CN-F1X10BD」

10V型HD「CN-F1X10D」
10V型HD「CN-F1X10D」

このシリーズは、従来品(9V型)と同等のディスプレイユニットサイズに収まる狭フレームの10V型フローティング大画面を新たに開発。10V型でありながら業界最多の400車種以上に装着することができ、大画面ニーズと装着可能車種の多さを両立させている。

ダイナビッグ・スイング・ディスプレイ
ダイナビッグ・スイング・ディスプレイ

また好評の左右スイング機能を全モデルに搭載し、見やすくキレイな大画面が進化。高精細な「HDブリリアントブラックビジョン」を搭載し、表示解像度を従来比2.4倍に向上。ストラーダ史上最上級の高画質を実現している。さらに新設計の専用パワーアンプ搭載も採用し音質面も強化した。ブルーレイや地デジを高精細なHD画質、高音質で楽しめる。

9V型WVGA「CN-F1D9D」
9V型WVGA「CN-F1D9D」

また、前後2カメラドライブレコーダー(CA-DR03TD:別売)と連携し、安全・安心ドライブを支援。カーナビ画面で後方の映像を確認できるなど、あおり運転の不安にも対応している。

【価格】

・オープン

パナソニック 関連記事
パナソニック オートモーティブ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る