ミシュラン 高性能スポーツタイヤ「パイロット スポーツ 5」を発売

日本ミシュランタイヤは2022年1月28日、高性能スポーツタイヤ「パイロット スポーツ 5」を3月8日から順次発売すると発表した。発売サイズは17インチから21インチまでの全43サイズで、価格はオープンプライス。

「パイロット スポーツ 5」のアンベールを行なう須藤元社長

パイロット スポーツ 5は、レースで蓄積されれたテクノロジーを採用することで、優れた応答性と操作性を実現する従来のパイロット スポーツ4を進化させた最新モデルだ。

これまでのハイグリップスポーツタイヤに求められる諸性能はもちろん、ユーザーの求める走る楽しさや見た目の美しさによる満足感まで、スポーツタイヤに求められる要素をを最大限追求している。

ドライ路面での安定したグリップ力、高次元の操縦安定性と、スポーツタイヤでありながらウェット時の優れた排水性能による耐ハイドロプレーニング性能を高次元で両立。さらにタイヤの性能のみならず、サイドウォール全周にわたり施されたフルリングのプレミアムタッチ デザインが車両に高級感を与え、日常からスポーツドライビングまで、あらゆるシーンで満足できるタイヤになっている。

パイロット スポーツ 5のコンセプト

進化した非対称トレッドパターンを採用し溝面積を拡大。排水性を高めたトレッドのインサイド側と高い剛性をもたらすトレッド外側の大型ブロックにより、ウェット、ドライどちらの路面でも高いグリップ力を発揮できるようにしている。

その結果、ウエット路面での走行ラップタイムは従来のパイロット スポーツ4に比べ最速1.7%、平均ラップタイムで1.5%短縮している。

トレッド部の補強ベルトには高強度で耐熱安定性に優れたハイブリッド アラミド繊維/ナイロン材ベルトを採用。このベルトによりトレッドの変形を抑制し、タイヤが路面と密着することで、ドライバーの意思をしっかりと路面に伝え、意のままのハンドリングを実現する。

またコーナリング時における接地圧分布をより均等になるよう内部構造をチューニングし、その結果グリップ力とコントール性が増し、安定したコーナリングを実現している。

コンパウンドは、シリカを増量しウエット路面でのグリップ力の向上、耐摩耗性能の向上、低転がり抵抗の低減を図り、全43サイズ中で42サイズがタイヤラベリング制度で「A(低転がり抵抗)/a(ウエットグリップ性能)」を獲得している。

この他に、通常の磨耗を示すスリップサイン以外に、ショルダー部で簡単に視認できるウエアtoチェックを初採用している。このショルダー部の丸型サインにより磨耗度合いが3段階で判別できるのがメリットだ。

さらにタイヤのサイドウォールは、他のタイヤにはない微細な表面処理により、反射を抑えたプレミアムタッチ デザインを採用し差別化を実現している。

なお、このパイロット スポーツ 5からは生産国がタイ、中国の工場となり、生産がアジアにシフトすることで輸入時間の短縮、効率化を図っているのも新たなトレンドだ。

ミシュラン 関連記事
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る