グッドイヤー サステナブル素材90%のデモタイヤ発表

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーは2023年1月12日、サステナブル素材90%のデモタイヤを発表した。このデモタイヤはグッドイヤーの社内テストとともに、公道走行を可能にするために適用されるすべての規制テストに合格している。

また、このデモタイヤは従来の素材で作られた比較用タイヤと比べても、転がり抵抗が低いことがテストにより証明された。転がり抵抗が低いということは、より優れた燃費と二酸化炭素排出量の削減をもたらす可能性を示している。

さらに、グッドイヤーは2022年1月にサステナブル素材70%のタイヤ開発の成功を発表したが、2023年には、その素材の供給拠点との連携を強化し、量産および販売を開始する予定だ。

今回発表されたサステナブル素材90%のタイヤを市場投入するためには、素材の供給拠点との連携をさらに強化し、量産体制を安定させるために必要なこれらの革新的な素材の規模を特定する必要がある。

このサステナブル素材90%デモタイヤの12のタイヤ構成要素には、以下を含む17の特徴的な成分が含まれている。

タイヤのコンパウンド補強や寿命向上のために配合されるカーボンブラックは、従来、さまざまな石油製品を燃やして作られてきた。グッドイヤーのサステナブル素材90%のデモタイヤは、メタン、二酸化炭素、植物由来の油、使用済みタイヤの熱分解油原料から作られる4種類のカーボンブラックを特徴としている。

これらカーボンブラック技術は、炭素排出量削減、循環性の向上、およびバイオベースの炭素を使用しながらも一定の性能を発揮することを目標にしている。

またこのタイヤに使用されている大豆油は、極端な温度変化の中でもコンパウンドの柔軟性を保つのに貢献している。大豆油はバイオベースの資源であり、グッドイヤーの石油系製品の使用量を削減する。大豆タンパク質のほぼ100%が食品や動物飼料用途に使用されているが、かなりの余剰油があるため、産業用途に使用できるのだ。

シリカはタイヤ製造に頻用される成分で、グリップ力の向上や燃費低減に効果がある。このシリカは米の加工時に出る副産物で、廃棄され埋め立てられることが多い籾殻廃棄物残渣(RHAシリカ)から生成された高品質のシリカが含まれている。

ポリエステルは、ペットボトルやその他プラスチック製品の廃棄物を基材に戻し、タイヤコードに使用可能な工業用級のポリエステルに改質することでリサイクルして使用している。

樹脂は、タイヤのトラクション性能を改善、強化する目的で使用される。従来のタイヤでは石油ベースの樹脂が使われているが、このデモタイヤでは、再生可能な松の木の樹脂が使用されている。

ビードワイヤーとスチールコードは、ラジアル構造のタイヤにおいて強度を補強する役割を持つ。このデモタイヤには、電気アーク炉 (EAF) プロセスを使用して製造された高リサイクル率の鋼のビードワイヤーとスチールコードを使用。EAFプロセスを利用することで、エネルギー使用量を削減し、リサイクル含有量を高めて鋼を生産することができる。EAFプロセスは、高炉を使用して生産された鋼と比べて、温室効果ガス排出量が少ない可能性があるのだ。

このデモタイヤには、国際持続可能性カーボン認証(ISCC)を受けたバイオおよびバイオ循環原料からのマスバランスポリマーも含まれている。

グッドイヤーのサステナブル素材への移行を推進しており、現在8つの商品ラインと一部のレース用タイヤに大豆油が使用されている。さらに、2018年以降、RHAシリカの使用量は2倍以上になっている。グッドイヤーはサステナブル素材70%のタイヤをより早く市場導入することを目指している。

グローバルオペレーション&CTOのクリス・ヘルセル上級副社長は下記のように語っている。

「私たちグッドイヤーは、2030年までに業界初のサステナブル素材100%のタイヤを導入するという目標に向けて順調に前進し続けています。昨年はこの目標を達成するための極めて重要な年でした。私たちは新しい技術を研究し、コラボレーションをさらに強化しました。チームの粘り強さもあり、サステナブル素材90%のタイヤを生産する能力を実証するだけでなく、今年は、サステナブル素材最大70%のタイヤを生産・販売する見通しも立ちました。私たちのチームは、より良い未来(BETTER FUTURE)を築くためのイノベーションとコミットメントを引き続き示していきます」

グッドイヤー 関連記事
日本グッドイヤー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る