グッドイヤー  ドイツ自動車連盟のタイヤテストで 総合1位を獲得【動画】

日本グッドイヤーは2022年4月19日、同社が2月から日本での販売を開始した「EfficientGrip Performance(エフィシェントグリップ パフォーマンス)2」が、ヨーロッパ最大の自動車連盟であるADAC(ドイツ自動車連盟 Allgemeiner Deutscher Automobil-Club )が実施した15インチ・サイズの夏タイヤテストで、全16商品中、総合1位を獲得したと発表した。

ADACの自動車、自動車関連パーツのテスト、評価はヨーロッパでは権威があり、信頼性が高い。今回テストされたタイヤサイズは15インチ(185/65R15:ヨーロッパ販売サイズ)で、速度記号は「H」が適用されたタイヤだ。

テストは、ドライやウェット路面での性能のほか、ノイズ、摩耗など自動車メーカーのテスト以上の多くの項目が測定されているが、グッドイヤーの「EfficientGrip Performance 2」はすべてのテスト項目において高い評価を受け、総合1位を獲得した。

グッドイヤーのEMEA地域テクノロジー・ディレクター、ローラン・コラントニオ氏は 「EfficientGrip Performance 2は、優れた燃費性能とロングライフ、そして信頼性の高いドライ・ウェット性能を重要視する様々な車種のドライバーのために、優れたオールラウンダーとして設計されています。今回の受賞は、この商品が電動車にも対応できることを証明しています。また、グッドイヤーのサステナビリティへのコミットメントを証明するものとも考えます。今回欧州で主要な小型セグメントで採用されているサイズで評価されたことを大変嬉しく思います。」と述べている。

グッドイヤー 関連記事
グッドイヤー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る