デンソーテン エントリークラスのカーナビ「イクリプスLS」シリーズを発売

デンソーテンは2020年12月2日、デンソーソリューションが開発した「ECLIPSE(イクリプス)」ブランドのカーナビゲーションシステム「AVN」の新商品3機種(LSシリーズ:フルセグモデルAVN-LS01/AVN-LS01W、企業向けモデル:AVN-LBS01)を12月中旬よから順次発売すると発表しました。

今回のシリーズは、地図表示、案内、検索にこだわったコストパフォーマンスに優れたカーナビゲーションです。また企業向けモデルはかねてからニーズがあった多言語対応やCDデッキ、TVレスモデルとし、レンタカー/リース車両への設定を想定しています。

LSシリーズはフルセグ対応で、メモリーナビゲーション内蔵のDVD/Bluetooth/地上デジタルTV/7型WVGA AVシステムとなっています。

地図画面

ルートガイド、地図はシンプルな表示で瞬時に見やすいことが訴求されています。案内に必要な道路や文字を目立たせつつシンプルで見やすい画面とし、道路の太さと色に強弱をつけることで、案内の対象となる道路をはっきり・くっきりと表示。

また複雑な交差点ではリアルなイラストと推奨レーン表示となるリアル3D交差点拡大図を採用。高速道路ではインターチェンジのナンバリング表示にも対応しています。

リアル3D交差点拡大図

本体はフラットなデザインで、ディスプレイ部は光透過率が高く画質に優れ、高耐久の「静電容量式タッチパネル」をエントリーモデルながら採用。また、光沢パネルのためひときわ色鮮やかな画面となっています。

内部ではクワッドコアCPUを採用し、動画を再生しながらのナビ操作など高負荷がかかる処理でもクアッドコア搭載により操作がスムーズで、地図のピンチ操作(拡大・縮小)では滑らかな縮尺切り替えができます。さらに、ダブルタップ、2点タップで段階ごとに地図スケールを変えることもできます。

デンソーテン 関連記事
デンソーテン カーナビ 公式サイト


ページのトップに戻る