フォルシア、排ガス熱回収、燃料電池技術などを「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」に初出展

自動車関連サプライヤーのリーディングカンパニー、フォルシアは、5月23日〜25日に横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」に初出展すると発表した。

フォルシアは自動車産業の発展を支える、持続可能なモビリティに関する技術を展示する。フォルシアはクリーンモビリティ事業を通じ、自動車産業におけるゼロ・エミッションを推進する技術を開発・製造している。

排気ガス制御、エネルギー効率化、消音技術、パワートレーンの電動化といったフォルシアの最新技術は、乗用車、商用車、産業機械や高出力エンジンのメーカー、また物流事業者や交通に関する都市行政のニーズに対応している。主な展示は次の通り。

排ガス制御とエネルギー効率化の一つ、電熱触媒(EHC)は内燃機関に関する将来の規制に対応し、汚染物質除去の効率を改善するキーテクノロジーの一つだ。EHCは、排ガスの温度を電気エネルギーを用いて上昇させて触媒を早期活性化させる最先端技術だ。このシステムは、排ガスを加熱することで処理後の性能と従来のセラミック触媒を向上させることができる。

小型排気熱回収システム(EHRS)は、ヒュンダイの「イオニック」(フルハイブリッドとプラグインハイブリッドモデル)に搭載されており、フォルシアのエネルギー回収の主要技術のひとつとして展示される。この革新的な技術は排気熱を75%まで回収でき、車両全体のエネルギー効率を改善。例えば寒冷時の暖房やエンジンのウォーミングアップの際の燃費性能を7%まで向上させることができる。

最新の燃料電池システムとして、フォルシアは、高圧水素タンクと水素燃料スタックを開発している。水素に関するシステムインテグレーションの豊富な経験を生かして、小型乗用車用、商用車用に水素貯蔵、圧力管理、燃料電池スタックの技術を用いた包括的なシステムを提供することができるのだ。

そして、ステリア アエロスペース コンポジット社と提携し、軽量でコスト効率の優れた35MPa、70MPaの高圧水素タンクの開発も進めている。また自動車用以外でフォルシアはフランスの原子力・代替エネルギー庁(CEA)と高性能燃料電池スタックの開発、量産、普及にも取り組んでいる。

【人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋 開催概要】

・開催日時:2018年7月11日(水)、12日(木)、13日(金)
 10:00〜18:00(13日は17:00まで)
・開催場所:ポートメッセなごや・展示ホール
・公式サイト:http://expo-nagoya.jsae.or.jp/

> 人とくるまのテクノロジー展2018 関連情報

フォルシア 関連情報
フォルシア 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る