住友ゴム 「米国テクニカルセンター」を開設し、アメリカでの開発体制を強化

2016_118_01b
テクニカルセンターが設置される米国工場(ニューヨーク州トナワンダ)。

2016年12月15日、住友ゴムは、アメリカのタイヤ市場で顧客ニーズをいち早く取り入れた商品開発を行なうため、以前から開設準備を進めていた「米国テクニカルセンター」を2017年1月から本格稼働すると発表した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る