横浜ゴム 2021年のモータースポーツ活動計画を発表

横浜ゴムは2021年3月10日、2021年のモータースポーツ活動計画を発表しました。横浜ゴムはモータースポーツ活動を技術開発と、「アドバン」「ジオランダー」ブランド強化の場所と位置付け、 トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで、国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦します。

スーパーGT

スーパーGT選手権はメーカーのワークス勢が主力となるGT500と個性的なチームが競い合うGT300の2つのクラスで争われます。2020年はKONDO RACINGの「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗選手/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手)」がGT300クラスのシリーズチャンピオンを獲得しました。

2021年は、GT500は2チームをサポートし、GT300では19台にタイヤを供給してヨコハマタイヤユーザーをサポートします。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

2021年はBMWカスタマーチーム「Walkenhorst Motorsport」とパートナーシップ契約を締結し、「第49回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ADAC TOTAL 24h-Rennen)」と「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」全9戦に3台のBMWGT3にタイヤを供給します。

供給タイヤはドライ用の「アドバンA005」とウェット用の「アドバンA006」。2020年は「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」に参戦した34号車「BMW M6GT3」が最高峰クラスであるSP9Proクラスのクラスチャンピオンを獲得した実績を持っています。

TCRリージョナル選手権・ナショナル選手権

世界各国で行なわれているTCRリージョナル選手権やナショナル選手権にアドバン/レーシングタイヤをワンメイク供給します。

「TCRジャパンシリーズ」をはじめ、海外でも「TCRスカンジナビア」、「TCRデンマーク」、「TCRドイツ」、「TCRロシア」にもタイヤを供給します。供給タイヤはドライ用の「アドバンA005」とウェット用の「アドバンA006」。

その他のカテゴリー

アメリカでは2021年より新たに「Porsche Sprint Challenge North America by Yokohama」と「Yokohama Drivers Cup USA」にタイヤを供給するほか、日本で行なわれる「インタープロトシリーズ」など世界各地のレースにアドバン・レーシングタイヤをワンメイク供給します。

2016年からワンメイク供給を開始した「全日本スーパーフォーミュラ選手権」では2021年もアドバン・レーシングタイヤを継続供給します。供給タイヤはドライ用の「アドバンA005」とウェット用の「アドバンA006」。

「全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権」に、アドバン・レーシングタイヤをワンメイク供給します。同シリーズはこれまで「全日本F3選手権」が果たしてきたトップドライバーへの登竜門としての役割を継承し、2020年より新たにスタートしたシリーズです。

国内カートレースの頂点に位置する「全日本カート選手権」の最高峰クラスであるOK部門に参戦し、ヨコハマタイヤユーザーのチームをサポートします。「ジュニアカート選手権」のFP-ジュニアCadets部門にワンメイク供給を行ないます。また海外でも「アジア・カーティング・オープン選手権」へのワンメイク供給を継続します。

JAFの地方選手権として、東北から九州までの主要サーキットにて地方選手権シリーズが開催されている「Super-FJ」にアドバン・レーシングタイヤをワンメイクにて継続供給します。

この他に、全日本ラリー選手権、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権のヨコハマタイヤのユーザーをサポートします。

オフロードレースでは、SUV、ピックアップ向けタイヤブランド「ジオランダー」を使用し、北米、オセアニアでのデザートレースや東南アジアなどの海外で開催されるオフロードレースに参戦します。

またアメリカのコロラド州で開催される「パイクスピーク・ヒルクライム」に参戦し、多くのクラスでの優勝および総合連覇を目指します。

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る