TomTomとデルファイ・テクノロジーズが先進運転支援システムで燃費を大幅向上

高精度地図情報の専門企業TomTom(オランダ)と、先進パワートレーン ソフトウエア開発企業のデルファイ・テクノロジーズ社(イギリス)は、デルファイ・テクノロジーズの先進運転支援システム(ADAS)とTomTomのADAS用マップを組み合わせ実験車を使用し、公道で車両走行テストを行ない、10%超の燃料削減を実現したと発表しました。

テスト内容

さまざまな実走行の環境で、燃費向上効果を検証するために様々なルートでテスト走行を実施しています。TomTomのADASマップは、速度制限、車線情報、こう配、道路の曲率、交通標識などの情報を含めた高精度のマップデータです。

一方、デルファイ・テクノロジーズのインテリジェント ドライビングソフトウェアパッケージは、TomTomのデータを使用して車両前方の道路を予測し、パワートレーン制御を最適化し、同時にエネルギー消費量を削減するための制御を行ないます。

この検証結果によれば、TomTomのADASマップが有効化されると、パワートレーン効率が劇的に向上したことが明らかになりました。

この実証実験では、デルファイ・テクノロジーズの最新の高度なパワートレーン駆動ソフトウェアとTomTomのADASマップを搭載したデルファイ・テクノロジーズ社のインテリジェント プロトタイプ車両を使用しました。

トムトム 関連記事
トムトム ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る