クラリオン 次世代ナビ機能に対応する高精細ナビを7月発表

2018年5月22日、クラリオンは、スマートフォン検索で出発から帰宅まで、徒歩を含む移動ルートをすべて設定できる、次世代ナビゲーション機能「Door to Door ナビゲーション」を搭載する高精細9型AVナビゲーション「NXV987D」を、7月上旬から発売すると発表した。

クラリオン 高精細9型AVナビゲーション NXV987D

「Door to Door ナビゲーション」機能とは、スマートフォンで検索した移動ルート(クルマ、徒歩)、駐車場、目的地情報などを、専用アプリを通してカーナビゲーションとシームレスに共有できる機能だ。

出発前(乗車前)にスマートフォンで目的地や駐車場を検索し保存すると、スマートフォンで設定した目的地をカーナビゲーションが自動的に引き継ぎ、最新の交通情報を加味したルート誘導をする。到着時に事前設定した駐車場が満車の場合は、空車の駐車場を自動リサーチし提示。駐車後は最終目的地までの徒歩ルートをスマートフォンに自動的に表示する。

クラリオン 高精細9型AVナビゲーション NXV987D smartフォン上に表示される徒歩ルート
スマートフォンに表示される徒歩ルート表示

目的地からクルマに戻る際も、駐車したクルマの位置までの徒歩ルートを表示するので、ショッピングモールなど大きな駐車場で駐車位置に迷うこともなくなる。

カーナビゲーションでのルート案内や駐車後の徒歩ルートはスマートフォンに表示でき、Google Maps Platformを活用した多彩な情報との連携で、ドライバーの一日をまるごとサポートすることができる。

クラリオン 高精細9型AVナビゲーション NXV987D ディスプレイに表示される徒歩移動を含めた到着予想時刻
ディスプレイに徒歩移動を含めた到着予想時刻を表示

「NXV987D」は次世代HMIとして、ナビゲーション/オーディオ/ツール/アプリケーションの4エリア表示機能が好評な「Quad View(クワッド ビュー)」を採用。今回新たに、画面の表示入れ替え機能を搭載。画面の大型化ニーズに対応する9型大画面のドラッグ操作で上下・左右・斜めと、ユーザーの好みに応じてエリア入れ替え表示することで、より便利に利用できる。

またクラリオン独自のクラウド情報ネットワークサービス「Smart Access 」も従来型同様に搭載され、スマートフォン等を介してつながることで、クラウドを始めとした様々な技術により、エンターテインメント、ドライブ関連情報、インターネット情報などの多彩な利便性をドライバーに提供する。

ディスプレイは大画面化ニーズに対応する9型を採用。視認性に優れた1280×720ドットの高解像度ディスプレイは、地図画面やTVなどの動画再生時に鮮明さ、クッキリ感のある映像表現を実現。

オーディオは「フルデジタルサウンドシステム」へのデジタル接続が可能なデジタルコアキシャル端子を搭載。音源からスピーカーまでの完全デジタル伝送により、原音に忠実な音楽再生を実現。さらに、音響調整やソースの選択などをナビゲーションのボタンや画面上から操作できる。もちろんハイレゾ音源に対応している。

また前席と後席で異なるAVソースを再生する「2-Zone 対応」機能を搭載。フロントスピーカーからラジオ、リヤスピーカーから DVD の音声出力など、前後で別々の音声が再生可能。リヤ側の対象ソースは、テレビ /DVD/ USB ・SD 動画 /HDMI/VTRなどに対応できる。

クラリオン 高精細9型AVナビゲーション NXV987D 価格

クラリオン 関連情報
クラリオン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る