セレンスとNVIDIA マルチモーダルなコックピット実現へ

自動車業界向けにAI&音声技術を提供するセレンスは、 グラフィック・コンピューター、AI技術のリーダーであるNVIDIAが主催する「NVIDIA GTC2022カンファレンス」(9月19日〜22日)において、セレンス アシスタントの会話型AI車載アシスタントがNVIDIA DRIVEプラットフォームをサポートし、オープンで拡張性の高いDRIVE IXコックピットのソフトウェアスタックに使用されることを発表した。セレンスはNVIDIAと協力することで、未来のコネクテッドカーと自動運転車の中核を担う次世代のマルチモーダルな自動車用コックピットの実現を目指すことになる。

セレンス アシスタントはNVIDIA DRIVE プラットフォームに向けて設計された、業界をリードするセレンスのAI、音声、NVIDIA DRIVE IXのジェスチャー認識、視線検知などのマルチモーダル(多様な入力情報)技術を統合・最適化した車載アシスタントだ。センサーのデータを活用したこの車載アシスタントは、ガソリン車の燃料残量状況や電気自動車のバッテリー残量通知と、それに伴い最寄りのガソリンスタンドや充電ステーションへのナビゲーションの推奨など、移動中のドライバーに最適なサービスを提供することができる。

そのためセレンス アシスタントは、精度の高い音声認識、自然言語理解(NLU)、音声合成(TTS)機能を備え、世界各国の言語に対応している。音声をNVIDIA DRIVE IXジェスチャー認識や視線検知機能と組み合わせることで、ドライバーの操作性をさらに向上させ、まるで航空機のコックピットのコパイロット(副操縦士)のような機能も提供することができる。ドライバーは、車載データ+クラウド接続したセレンス アシスタントにより、ネット接続状況にかかわらず、重要な機能や情報ににアクセスすることができるのだ。

NVIDIA DRIVE IXにより、自動車メーカーや自動運転車の開発者は、視覚、音声、グラフィックスを駆使したドライバーと車両との対話機能を構築することができる。セレンス アシスタントがNVIDIA DRIVEプラットフォームでサポートされることで、自動車メーカーと大手サプライヤーは、AIとコネクティビティ機能を活用してドライバーの安全性、快適性、生産性を向上させるクラス最高レベルのコックピットを作り出すことができる。

NVIDIA自動車プラットフォーム担当シニアディレクターのラティン・クマール氏は、「セレンスの協力により、NVIDIAはメーカーや大手サプライヤーが先端のAIとコネクティビティ機能を活用できるデジタルコックピット・ソリューションを提供することが可能になります。セレンスの業界をリードする対話型AIテクノロジーをNVIDIA DRIVE IXソフトウェアに統合することで、当社の自動車業界の顧客企業は、デジタルコックピット・ソリューションを強化し、安全性と生産性を向上させつつ、ドライバーに大きなメリットを提供することができます」と語っている。

セレンスは、NVIDIAテクノロジーとのさらなる統合により、視線検知と音声認識の連動を強化したマルチモーダル(多様な)対話機能の提供を計画している。この機能により、ドライバーは建物を見て車載アシスタントにその名称や内容を尋ねるだけで、走行に必要な情報をより迅速に知ることができるようになるのだ。

NVIDIA 公式サイト

セレンス 関連記事
セレンス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る