セレンスの音声会話技術がメルセデス・ベンツの次世代「MBUX」に採用

自動車業界向けに自然対話型のAI技術を提供するセレンスは、2020年12月17日、メルセデス・ベンツが搭載している直感的でハイテクなマルチメディアシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」の第2世代のシステムに、セレンスの音声関連技術が採用されたと発表しました。

セレンスのAI対応技術を駆使した次世代MBUXは、ダッシュボードのコンシェルジェ(執事)として機能し、ドライバーと乗客の幅広いニーズに対応できる、極めてインテリジェントでパーソナライズされた車載音声アシスタントです。

「ハイ、メルセデス」という簡単な言葉を発声するだけでシステムが起動するセレンスの会話型AIと、自然言語理解技術が搭載されたMBUXは、利便性から快適性まで、数々のコンテンツやサービスにアクセスして、ドライバーに提供することができます。

メールの作成や最寄りの飲食店の検索、車内温度の変更やシートマッサージのリクエストまで、この次世代音声システムは、使いやすい音声対話インターフェースにより、自在に情報検索や車両の操作をすることができます。

この第2世代MBUXの新しい機能には、セレンスの声紋認証などのさまざまな生体認証技術を活用し、パーソナライゼーションとセキュリティが強化されています。

さらにMBUXは、どこシート位置からの音声かを判別するためのマイクとセレンスの音声信号処理技術により、全座席からの音声を認識する機能を搭載し、すべての乗客にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することができ、複数席での通話など、コミュニケーション機能も強化されています。

第2世代のMBUXシステムの新機能と拡張機能は以下のようになっています。
・MBUXの会話による説明と、個人の好みに応じてパーソナライズされた環境設定のセットアップ、およびその保存のためのガイダンス

・27言語の自然言語理解能力(NLU)と間接的なコマンドの理解(例えば、ユーザーが「寒い」と言うとMBUXが車内温度を上げるなど)の実現。これにより、ドライバーは音声アシスタントと自然に会話することができ、必要に応じてシステムの応答に割り込めるので、コマンドや情報への迅速なアクセスが可能。さらに、追加のコマンドを発話して完了した対話を続けることができ、一度に複数の指示を出して次々に実行することも可能。

・ネットワークが繋がりにくい場所でも音声アシスタントとの迅速で正確なやり取りを可能にする車載システムとクラウドの音声技術を統合。

・ドライバーがMBUXのタッチスクリーン・インターフェース上で、手入力でコマンドやメッセージを指示することができる手書き文字認識機能。

・スマートホーム技術のより密接な統合と、新しいスマートカーマニュアル「Explore me」の提供。メルセデスが開発したスマートホーム機能によって、ドライバーは運転中に自宅の家電製品を音声で操作することが可能。また「Explore me」では、ドライバーは救急箱の場所や、Bluetoothでのスマートフォンのペアリング方法など、車内の機能について質問することが可能。

・「Cerence Look」が提供するメルセデス・ベンツの「トラベル・ナレッジ機能」により、車外の風景に関する知識&情報を強化。

・スポーツニュースや株価、一般的な知識の質問など最新のコンテンツを提供する多彩な新クラウド機能。

・専用インカムシステムと専用マイクによるドライバーと同乗者との車内コミュニケーション機能の強化。

・電話に対する応答やナビゲーション地図の表示などの特定のアクションは「ハイ、メルセデス」というウェイクアップワードを使わなくても実行可能。

となっています。なお、この第2世代のMBUXは、2021年に登場する新型メルセデス・ベンツSクラスから搭載される予定です。

セレンス 関連記事
セレンス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る