【東京モーターショー2019】マレリ 新ブランド名で出展

旧カルソニックカンセイは「マレリ」に社名変更を行ない、2019年10月17日、新たに「マレリ」として「第46回 東京モーターショー2019」に出展すると発表した。

【東京モーターショー2019】マレリ 新ブランド名で出展

マレリ概要

マレリは、イノベーションとモノづくりで定評のあるイタリアと日本を拠点とする2つの自動車関連サプライヤーが統合して誕生した。その経緯は、マニエッティ・マレリの持株会社が2017年にカルソニックカンセイを買収。2019年10月に商号を「マレリ」に統一した。新ブランドのコンセプト「Powering Progress Together(ともに成長を加速していく)」となっている。

出展概要

東京モーターショー2019におけるマレリのブースは、2社統合のシナジーが発揮される5つの技術領域とモータースポーツを加えた計6領域の構成となっている。

インテリア製品の部門では、個々の移動における経験価値を最大化するコンセプト・モデル「ヒューマン・マックス・キャビン」をはじめとした、キャビンシステム総合インテグレーターとしてのソリューションを紹介。

【東京モーターショー2019】マレリ 新ブランド名で出展

コンセプト・モデル「ヒューマン・マックス・キャビン」は、マレリが目指す未来のキャビンで、乗員を最大限に重視し、パーソナライゼーション機能を充実させることにより、自分のために設えられた最高に居心地の良い空間を実現する。これは、マレリの内装、電子制御、空調の統合により実現している。

【東京モーターショー2019】マレリ 新ブランド名で出展

また、自動運転、コネクテッド、電動化、環境技術の各分野でもマレリの製品やサービスを展示する。自動運転のための取り組みとして、自動運転用センサーを統合したランプユニット「スマート・コーナー」を紹介する。自動運転用に周辺環境マップを作成する各種センサー(赤外線を使用した光検知器とLiDARモジュール、短/長距離レーダー)をフロントおよびリヤランプユニットに、コンパクトに統合している。

このほか、モータースポーツ領域では、マクラーレン・レーシングのF1マシン(実車)を展示する。マレリの展示ブースは東京ビッグサイト西展示棟。

マレリ・東京モーターショー2019専用サイト

カルソニックカンセイ 関連記事
マレリ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る