ボルグワーナー 日産「ナバラ」「パラディン」に4WD用トランスファーを供給

グローバルサプライヤーのボルグワーナーは、2021年1月27日、日産がメキシコ工場、タイ工場で生産するピックアップトラックの「ナバラ」、中国で生産するSUVの「パラディン」向けに高耐久型のパートタイム4WD用トランスファーを供給する契約を締結したと発表しました。

この契約で、ボルグワーナーは初めて日産に4WDトランスファーを供給することになります。

この4WD用のトランスファーは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのいずれにも適合し、走行中でもハイ/ローの切り替えが可能で、電動モーターによりドライバーはそれぞれの駆動モード間を素早く、滑らかに、また正確に変速することができます。

ピックアップトラックのナバラ

パートタイム4WD用のトランスファーは、2WDハイ、4WDハイ、4WDローなどの走行モードが備わっています。 通常、舗装されたドライ路面では2WDハイ・モードが使用され、積雪地や平地のオフロードなどを走行する際は4WDハイを選択。また、4WDローは凹凸の激しいオフロードや急勾配の上り下りに使用されます。

フレームSUVのパラディン

ボルグワーナー製トランスファーは、2WD/4WDの切り替えはわずか0.7秒以下、ハイ/ローの切り替えも1秒以下で迅速に行なうことができます。またこのトランスファーは騒音・振動・NVHが低く抑えられていることも特長。さらにこのトランスファーは軽量化のため、ケース、カバー類はアルミダイカスト製となっています。

ボルグワーナー 関連記事
ボルグワーナー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る