ボルグワーナー マイルドハイブリッド用の最新モーター発表

ボルグワーナーは2019年12月6日、多用途の電気駆動用モーターとして新開発したヘアピン式の「HVH146」モーターを発表した。このモーターは、48Vスターター/ジェネレーター用として2020年前半に主要なOEM向けに生産を開始し、マイルドハイブリッド乗用車に搭載される予定だという。

ボルグワーナー マイルドハイブリッド用の最新モーター発表

商品概要

「HVH146」は同社の従来のモーターと同様に、ヘアピン式巻線構造、つまり通常の丸断面の巻線ではなく、平角線を使用し積層したコイル構造を持つタイプで、高い出力密度と高効率を実現している。

HVH146は、水冷式の永久磁石内蔵型モーターでマイルドハイブリッド車用として、従来のオルタネーターの位置に配置され(P0配置)、ベルト駆動として使用するのに最適なユニットだ。

P0配置、つまりエンジン前部に取り付けられ、高張力ベルトシステムで駆動を伝達し、高出力でしかも最高回転数1万6500rpmにも対応できる。またスターター/ジェネレーターとして機能するのでストップ/スタート装置として使用するほかに、ブレーキ時やコースティング時の回生発電を行なう。

また、HVH146は駆動アシストも行なう。ピーク出力48ps、ピークトルク65Nm、ピーク効率95%を実現し、その一方で、ユニット重量はわずか14kgで、パワーウェイトレシオは従来のオルタネーターの2倍超を達成している。

自動車メーカーのマイルドハイブリッド車を対象に開発されたこのモーターは、容易に車両統合できるのも特長だ。高圧/低圧コネクター、冷却クーラント用の回路を備えるコンパクトなパッケージになっている。

この「HVH146」は、まずは普通乗用車のマイルドハイブリッド用として発売されるが、もちろん商用車でも使用でき、さらにP0配置以外にも、さまざまな位置のマイルドハイブリッド用として使用することができる。

ボルグワーナー 関連記事
ボルグワーナー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る