中国からEV上陸 BYD「ATTO 3(アットスリー)」440万円で2023年発売

BYDオートジャパンは2022年12月5日、ミドルサイズSUVのEV「ATTO 3(アットスリー)」の希望小売価格を440万円(税込み)とし、2023年1月31日から発売すると発表した。デリバリーは春頃の予定。なお2023年度のEV補助金は85万円が想定されている。さらに各都道府県、自治体のEV補助金も適用される。

【関連記事】BYD 3車種を日本に導入:https://autoprove.net/new_car/209790/

この発売に合わせて、BYDオートジャパンは、日本の顧客に応えるサービス体制を構築するため、日本全国に正規ディーラーを設けて乗用車の販売やアフターサービスを提供することも発表した。2023年1月下旬から、15都道府県に計22の店舗開業準備室を順次オープンし、「ATTO 3」の販売を開始する予定としている。

またBYDオートジャパンは、2023年1月にEVのSUV「ATTO 3」、2023年中頃にコンパクトEV「ドルフィン」、2023年下半期にEVセダン「シール」の計3モデルを日本で販売する予定としている。

日本発売モデル第1弾となる「ATTO 3」は、2022年2月に中国で販売を開始して以降、オーストラリアやタイなどのアジア太平洋地域でも発売され、10月末までのグローバルでの累計販売台数は14万3000台に上る。さらに、ヨーロッパではドイツやフランスなどを含む9ヵ国での販売も決定しており、ユーロNCAPの安全性評価で最高評価の5つ星を獲得するなど、高い安全性が裏付けられたBYDの世界戦略EVとなっている。

「ATTO 3」は、BYDが独自開発したリン酸鉄系リチウムイオン・バッテリー「ブレードバッテリー」を搭載したEV専用のプラットフォーム「e-プラットフォーム3.0」を採用し、58.56kWhのバッテリー容量と204ps/310Nmのモーターを搭載、485km(WLTCモード)の航続距離を実現。EVならではのフラットな床面による広い車内空間を生み出している。

安全運転支援システムは、予測緊急ブレーキシステムやBYDアラウンドビューシステム、ブラインドスポットインフォメーションなども装備している。その他にも、V2L(Vehicle to Load)とV2H(Vehicle to Home)にも対応しており、停電時の電源供給やキャンプなど野外でも電力を使用できる利便性を備えている。

価格

BYD ATTO 3:440万円(税込み)


BYD ATTO 3 関連記事
BYD 関連記事
BYDジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る