スズキ「ワゴンR」仕様変更 精悍さをアップさせた「カスタム Z」も新設定

スズキは2022年8月2日、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」、福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR 昇降シート車」を一部仕様変更するとともに、新たに「ワゴンR カスタムZ」、「ワゴンR カスタムZ 昇降シート車」を設定し、8月30日から発売すると発表した。

フロントのデザインを変更したワゴンR ハイブリッド FX-S

今回の一部仕様変更では、ワゴンRのフロント周りのデザインを変更したほかに、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備したほか、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)、および車線逸脱抑制機能を、ワゴンR FX、ワゴンR 昇降シート車、ワゴンR カスタムZ 昇降シート車を除く他グレードをに標準装備し、安全機能を大幅に向上させている。

ワゴンR スティングレー ハイブリッド T

また、コネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応したほか、全方位モニター付ディスプレイオーディオを一部のグレードを除いてメーカーオプションとして設定している。

新設定されたワゴンR カスタムZ ハイブリッド ZT

新たに設定した「ワゴンR カスタムZ」は、エクステリアに専用デザインのヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーを採用し、精悍さを強調。インテリアにはブラックを基調とした内装を採用し、力強さと上質さを表現している。また、アップグレードパッケージやターボ仕様の設定なども行なってる。

なお、「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」、「ワゴンR カスタムZ」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当する。

価格

スズキ ワゴンR 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る