日産スカイライン400Rをベースにチューンした「スカイラインNISMO」と「スカイラインNISMO Limited」を発表

日産自動車、日産モータースポーツ&カスタマイズは2023年8月8日、GTセダンの「スカイライン 400R」をベースにチューニングした「スカイライン NISMO」と、特別仕様モデル「スカイライン NISMO Limited」を発表した。

「スカイライン NISMO」は1000台限定で9月上旬に発売する。「スカイライン NISMO Limited」は100台限定の抽選販売で、1年後の2024年夏に発売を予定している。

発表会に登壇した日産モータースポーツ&カスタマイズの片桐隆夫社長、ゲストの星野一義氏、開発担当の長谷川聡チーフビークルエンジニア

この特別仕様車は、スカイライン 400RをベースにNISMOのレーシングテクノロジーを活かした空力とシャシー技術を融合させ、より速く、気持ちよく、安心して走れる究極のGTカーを目指して開発された。

イメージは昔日のスカイラインGTのオマージュであり、かつて「シャシー性能世界一」を掲げた日産シャシー部門で行なわれたP901活動のエッセンスを、当時活動に参加していたエンジニアがチューニングした究極のV37型スカイラインGTということができる。

パフォーマンス・セダンとしてのロー&ワイドなスタンスによる圧倒的な存在感や、NISMO専用のエンジンと加速チューニングにより、スカイラインGTを実現。またこのモデルは特別仕様の限定モデルにふさわしく、フロントフェンダーに「GT」赤バッジのエンブレム、センターコンソールには1000台限定のシリアルナンバーを刻印したNISMOメタルエンブレムを装着している。

エンジンは、GT500レース用エンジンに携わった開発者が、同じ開発設備を使ってチューニングを行ない、標準モデルの出力を298kW(405ps)から309kW(420ps)に向上させ、最大トルクも475Nmから550Nmへと向上。より力強く伸びのある加速を実現している。

またドライブモードは、エンジン、トランスミッションの統合制御を専用チューニングし、スタンダード・ドライビングモードでは、日常域で力強さと気持ちの良い加速の伸びを実現。

Sスポーツ、スポーツ+Sモードでは、NISMO専用のAT変速スケジュールとすることで、エンジンの回転を高回転で維持し、スポーツ走行時にさらにレスポンスの良い走りを生み出すことができる。

シャシーでは、フロントタイヤは245/40R19で、リヤは大トルクを後輪で路面にしっかりと伝えるため、タイヤ幅を20mm拡大し265/35R19サイズとし、前後のタイヤのグリップ力を高次元でバランスさせた専用開発の高性能タイヤを装着している。

また、リム幅を拡大しながらも高い剛性と軽量化を両立したNISMO専用エンケイ製19インチ・アルミホイールを採用し、操舵初期のレスポンスとコーナーでの接地性を向上し、コーナリング性能を向上させている。

また高性能タイヤを装着したことに合わせ、サスペンションとスタビライザーを専用チューニングしている。コーナリング時のロールを抑えつつ、起伏のある路面でも追従性を保つことで4輪接地性をより向上させ、限界域まで安心できる車両安定性を生み出している。

ブレーキは耐フェード性に優れるパッドを採用したほか、専用タイヤとブレーキパッドに合わせてアンチロックブレーキシステム(ABS)の制御を見直し、制動距離を短縮。

また、ビークルダイナミクスコントロール(VDC)は、スタビリティの向上にあわせた専用チューニングとし、限界走行時でも性能を発揮できるよう最適化。ワインディングロード走行などにおいても高次元のコントロール性を実現している。

前後ウィンドシールドガラスの接着剤には「GT-R NISMO」にも採用している高剛性接着剤を採用し、車両重量を増やすことなく車体剛性を向上させている。

エクステリアは、前後のバンパーとサイドシルカバーを「スカイライン NISMO」専用パーツとして開発し、フォグランプ、エンブレムなど、一目でNISMOとわかるデザインとしている。

その中でも、フロントバンパー・ロワグリルとフォグランプを取り囲む形状や、ボディサイドのリヤホイールの中心を前後に貫くサーフィンラインをオマージュしたデザインにより、往年の「スカイライン」らしい力強さを表現している。

空気抵抗を低減しながらダウンフォースを大幅に向上させており、高速走行時の安定性も向上。さらに、グリル開口部の断面と内部エアガイドの形状を最適化することで、ラジエーターやオイルクーラーへの空気の流れを最適化し、空気抵抗を抑えながらもスポーツ走行でも安心して走り続けられる冷却性能を実現している。

インテリアは、人気グレード「400R」の高い質感を継承し、全体をブラック基調で統一し、上質なドライビング空間としている。コックピット周りには、レッドセンターマーク付のNISMO専用本革巻ステアリング、280km/hスケールのスピードメーター、NISMOロゴを配したレッドリングタコメーターを採用するなど、走行性能の高さを直感できるようにしている。

シートはオプションでNISMO専用チューニングのレカロ製スポーツシートも設定。黒を基調に赤をセンターに配置したコーディネーションとし、スウェード調表皮の貼り分け位置に拘り、急旋回時でもシート中心部に体圧が残る高いホールド性を実現している。また着座時の体圧の分散を最適化する座面構造の採用により、グランドツーリングに求められる快適性も重視している。

ボディカラーは専用色のNISMOステルスグレーを含む、全5色をラインアップしている。

■ スカイラインNISMO Limited
この100台限定モデルは、S54A-1型「スカイラインGT」誕生60周年を記念した特別仕様モデルとなっている。

この限定モデルは、GT-Rのエンジンと同様に横浜工場の匠ラインで特別な資格を持つ匠が一つ一つを手組みで作り上げる高精度なエンジンを搭載している。

レース車を想起させるデザインに、日産初採用となる艶消しガンメタリック塗装のホイールを特別装備しており、さらにLimitedの証として、エンジン組み立て担当者を記した匠ラベル、100台限定を刻印した専用シリアルナンバープレート、専用エンブレムを装着。ボディカラーは、ホワイトパール、NISMOステルスグレー、ダークメタルグレーの3色をラインアップしている。

スカイラインNISMO Limitedは抽選販売で、「スカイライン NISMO」WEBカタログ内の応募ページから応募が可能。応募締め切りは9月14日15時となっている。

なお、スカイライン NISMO、スカイラインNISMO Limitedはいずれもオーテック(日産モータースポーツ&カスタマイズ)仕様モデルで、持ち込み登録車両となっている。

価格

日産 スカイライン 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


ページのトップに戻る