日産「キャラバン」のガソリンモデルをマイナーチェンジ

日産は2021年10月20日、「キャラバン」のガソリン車をマイナーチェンジし発売を開始した。今回のマイナーチェンジを合わせ、ガソリン車は車名を「NV350キャラバン」から「キャラバン」に変更した。

新たに追加されたバンの最上級グレード「バン GRAND プレミアムGX」

マイナーチェンジでの変更点は、デザインではフロントグリルとフロントバンパーを刷新し、よりダイナミックで力強く、存在感のあるエクステリアとしている。

ボディカラーは、雪原を想起させる「ピュアホワイトパール」、漆黒の夜空をイメージした「ミッドナイトブラック」、アウトドアシーンで存在感が光る「ステルスグレー」の3色の新色を追加し、全8色のラインアップに。

また、特別塗装色には新開発の特殊高弾性樹脂を配合し、日常使用で生じる擦りキズなど塗装表面の劣化を防ぐ塗料のスクラッチシールドを採用している。スクラッチシールドはキズが付きにくく、万が一キズが付いた場合においても、時間の経過と共にキズが生じる前に近い状態に修復するという特長を持っている。

インテリアは、黒を基調に落ち着いた雰囲気に統一。メーターは先進的で視認性、操作性を大幅に向上した新型ファインビジョンメーター(5インチTFTディスプレイ付)を採用し。ステアリングは、新形状のD型ステアリングを採用し、シートトリムは生地を刷新するなど、質感も向上させている。

「キャラバン」ガソリン車は、先進安全装備を充実させ安全性能を大幅に強化した結果、全車が「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」の対象車となっている。

新たに全車標準装備となるインテリジェント・エマージェンシーブレーキは、天候や周囲の明るさに左右されにくいミリ波レーダーとカメラのフュージョン方式により、歩行者の検知も可能となっている。

さらに、インテリジェントルームミラーをEXグレード以上に標準装備し、EXグレード以上に標準装備しているインテリジェント・アラウンドビューモニターの機能性も向上させている。

またシートは、ワゴンモデルで好評の中立姿勢を維持し長時間のドライブでの疲労を軽減するスパイナルサポート機能付きシート」を全車標準装備化。同時に表皮にウイルスや菌の増加を抑制する抗菌加工を施したシートバックとクッションを全グレードの全シートに採用している。

またステアリングのグリップ部分にも抗菌加工の素材を採用。その他に運転席と助手席のシートバックとクッションには、シートヒーターを装備するなど仕様向上を図っている。

トランスミッションは7速の多段化したワイドレンジ化を実施し、動力性能と燃費性能を両立させ、高速走行時の静粛性向上に寄与している。さらに、追加されたマニュアルシフトモードにより、ドライバーの意のままのドライビングも可能になっている。

「ワークユースビークル」シリーズの「キャラバン ワゴン ワイドボディ」

今回のマイナーチェンジでは、新たにプライベートユースの顧客向けに、専用内外装の仕様を装備した最上級グレード「GRANDプレミアム GX」をバンに新設定。さらに、前型の「DX EXパッケージ」の装備を強化した「EX」グレードを新設定した。なお、「VX」グレードとマイクロバス「DX」グレードは、廃止している。

「ライフケアビークル(LV)」シリーズの「キャラバン チェアキャブ車いす1+1名仕様」

その他に、2.5Lガソリンのワゴンとバンの一部(標準幅/ハイルーフ)に4WDを追加し、マニュアル ミッションを廃止している。

価格

日産 キャラバン 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る