日産「NV200バネット」シリーズを一部改良

日産は2021年7月13日、商用バン/ワゴンの「NV200バネット」シリーズを一部仕様向上し発売しました。

GX(2WD)ボディカラー:ブリリアントシルバー

今回の仕様向上では、エンジンの改良を行ない、全車の燃費性能を改善。さらに2WDは、CVTを採用するとともに、アイドリングストップ機能を追加し、燃費性能を向上させています。

また、全車で快適性装備の充実を図り、利便性を向上させています。要望が多かったサイドアンダーミラー付きの電動格納式リモコンドアミラーや、抗菌ステアリングを標準装備化。

バンタイプでは、ワゴンタイプと同様に助手席のリクライニング調整角度を44度から66度に拡大。DX、VXグレードは、190mmの調整が可能な助手席スライド機能を採用することで、より快適性を向上。

さらに、VX、GXグレードは、後部座席を6:4分割としたことで、利便性を向上させています。また、2WDの最大積載量は、従来より50kgアップさせ650kgとなっています。

ボディカラーは、ダークメタルグレーとインペリアルアンバーの2色を新たに採用しています。

価格

オーテック仕様

オーテックジャパンでも「NV200バネット」をベースとした車中泊仕様車「マルチベッド」、ライフケアビークル(LV)「チェアキャブ」、商用特装車「ワークユースビークル」(保冷バン、リフター付きバン、VX2人乗りバン、外装VX仕様ルートバン)シリーズを一部仕様向上し発売しました。

マルチベッド

ベース車と同様に、エンジンを改良しアイドリングストップ機能を追加したことで、燃費性能を向上。

福祉車両のチェアキャブ

また、NV200バネット「マルチベッド」、福祉車両の「チェアキャブ」、「ワークユースビークル」シリーズ全車で、快適性を追求した装備の充実を図り、利便性を向上させ、サイドアンダーミラー付きの電動格納式リモコンドアミラーや抗菌ステアリングを標準装備。

外装VX仕様ルートバン

バンタイプをベースにしている「ワークユースビークル」シリーズでは、ワゴンタイプと同様に助手席のリクライニング調整角度を4拡大し、190mmの調整が可能な助手席スライド機能を採用。

ボディカラーは、ダークメタルグレーとインペリアルアンバーの2色を新たに採用しています。

価格

日産 NV200バネット 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト

オーテック 関連記事
オーテック・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る