日産 新型「ノートe-POWER 4WD」を2021年初頭に発売

日産は2020年12月23日、新型「ノート e-POWER」の正式発売を開始するとともに、予告通り「ノートe-POWER 4WD」を発表しました。この4WDモデルは、2020年度内に発売する予定としています。

新型「ノートe-POWER 4WD」は、リヤ駆動用として50kW/68ps、最大トルク100Nmの強力なモーターを装備することで、全車速域で4輪すべてを強力なモーターで駆動・制御する本格的な電動フルタイム4WDとなっていることがアピールポイントです。

フロント駆動用のモーターはFFモデルと共通の85kW/116ps、最大トルク280Nmの出力で、発電用のエンジン(82ps/103Nm)も共通のスペックとなっています。

リヤのモーターは、従来型は発進アシストのみを行なっていましたが、このモデルは出力が約14倍の50kWのモーターを搭載。さらに日産独自の、前後独立モーターを緻密で瞬時に制御する技術により、ドライ路面はもちろん、ウェット路面やアイスバーン、深い雪道などといったあらゆる路面状況において、力強く安定した快適な走りを実現しています。

このため、きわめて滑りやすい路面でも4輪を滑らかに駆動することもできるので、安定感のある力強い発進や加速を実現。また減速時には、4輪の減速回生力を高精度に制御するため、車体をフラットに保ったまま安定して減速することもできます。さらに後輪に回生制御を追加したことで、エネルギー回収効率も向上していることも特長です。

またコーナリングでも、前後の駆動力の配分を自在に変えることで、滑りやすい路面でも高い性能を発揮することができます。

このように前後の駆動モーターの精緻なトルク制御による異次元の走りは、2021年に登場する電気自動車モデルのフルタイム4WD仕様「アリアe-4ORCE」の技術を先取りしたと考えられます。

ノート e-POWER 4WD 諸元表

価格

オーテック バージョン

オーテックジャパンは12月23日、新型「ノート」のカスタムカー「オーテック」、新型「ノートe-POWER 4WD」をベースとした「助手席回転シート」を設定し、2020年度内に発売する予定です。

なお11月24日に発表した新型「ノートe-POWER 2WD」ベースの「助手席回転シート」は、12月23日から販売を開始しています。

ノート オーテック

[ノート オーテック」は、オーテックジャパンならではのクラフトマンシップを盛り込み、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングとしています。今回で2代目となる新型「ノート オーテック」のエクステリアは、美しく輝くようにデザインしたドットパターンのフロントグリル、専用デザインのアルミホイールを採用。

さらに、低重心とワイドスタンスを印象付けつつ、スポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツを車体下部に装備。フロントバンパーには、AUTECH専用のブルーに光るシグネチャーLEDを採用することで、昼夜問わず一目で「オーテック」とわかる、個性豊かなスタイルとなっています。

インテリアは、シート地に柔らかな手触りで体に馴染むレザレットを採用し、海面の波の動きをモチーフにした模様の表皮です。インスツルメントパネルは、鮮やかな木目が特徴的な高級材、紫檀(シタン)の柄にダークグレー色を配色し、さりげなくブルーに光るパールを加えています。

また、ハンドルやシートなどにブルーを配し、インテリア全体をブルーとブラックでコーディネート。さらに、後席中央にアームレストを装備するなど上質な素材とこだわりのディティール表現により、ワンランク上のエレガントな空間としています。

ボディカラーは、「オーロラフレアブルーパール」、「ピュアホワイトパール」それぞれに、「スーパーブラック」のルーフを組み合わせた2トーンカラー、そして、「ミッドナイトブラック」を「オーテック」専用カラーとして設定。全8色のカラーバリエーションとしています。

「助手席回転シート」は、簡単な手動操作、助手席を車外に向けて回転できるモデルで、スカートや和服を着ていても足を揃えてスマートに乗り降りすることが可能。

「助手席回転シート」についてもFFモデルに加え、本格電動の4輪駆動システムを搭載するモデルを設定しています。

オーテック バージョン価格

日産 ノート 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る