日産 スーパーGT GT500クラスの「GT-R」は今季で終了 来季は新車両で参戦

日産とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは2021年11月17日、スーパーGTシリーズのGT500クラスの参戦車両を2022年シーズンから変更すると発表した。そのためR35型のGT-RをベースとしたGT500仕様車での参戦は、11月28日に富士スピードウェイで開催される最終戦をもって終了することになる。なお、2022年シーズンの参戦車両については後日発表する予定だ。

ニスモが設計、開発し2008年に参戦を開始したGT500仕様のGT-Rは、デビューシーズンには9戦7勝を挙げ、14シーズンで通算41回の優勝を記録。これは、GT500クラスに参戦した車両の中で歴代最多となる優勝記録となっている。

なお、今回の車両変更は、スーパーGTシリーズのGT500クラスの参戦車両のみで、GT300クラスに参戦しているFIA GT3仕様のGT-R NISMO GT3は、2022年以降も車両、部品の供給および技術サポートを継続して実施していくとしている。

日産 GT-R 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る