日産 カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を開始

日産自動車は、日産インテリジェント・モビリティの取り組みを特徴としたカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日から開始する、と発表した。このサービス開始にともない、12月8日より「NISSAN e-シェアモビ」の会員募集を専用URLにて開始する。

NISSAN e-シェアモビ 専用駐車場イメージ

NISSAN e-シェアモビ ロゴマーク

このNISSAN e-シェアモビは、安心・快適・気軽をキーワードに、これまでのカーシェアリングサービスにはない付加価値を提供する、というのが特徴となっている。安心については自動運転技術「プロパイロット」や「プロパイロットパーキング」、「インテリジェントアラウンドビュー」などの機能によってドライバーの運転をサポートしている。また全車にドライブレコーダーも装備されている。気軽については、月額料金無料、時間のみの課金システムとなっていることが挙げられる。利用距離による料金加算もない。快適については、免許証がそのままIDカードとなるため、利用時の煩わしさが軽減。また車両は毎日清掃されているほか、オペレーターによるナビサポートサービスも利用可能。さらに車両にはETCカードが搭載されているため、ETCカードを持っていない人でもETCゲートが利用可能となっている(ETC料金はユーザー負担)。

2018年1月のサービス開始時は、まず全国約30のステーションからスタートする予定。料金体系は以下の通り。

【料金体系(税込)】
・ショートタイム:200円/15分
・パック:6時間3500円、12時間5500円、24時間6500円
・アーリーナイト(18-24時):2000円
・レイトナイト(24-6時):2000円
・ダブルナイト(18-6時):2200円
・ビジネスナイト(17-9時):2500円


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る