【東京オートサロン 2023】日産「フェアレディ Z CUSTOMIZED EDITION」初公開

日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズは、2023年1月13日〜15日に幕張メッセ(千葉県・千葉市)で開催されるカスタムカーショー「東京オートサロン 2023」に出展する。

今回のオートサロンでは、東京国際カスタムカーコンテスト2022でグランプリを受賞した「フェアレディ Z CUSTOMIZED PROTO」を忠実に再現した市販モデルである「フェアレディ Z CUSTOMIZED EDITION」を初公開する。

また、2022年11月にフルモデルチェンジした新型「セレナ」、「ルークス」、「キャラバン」、「キューブ」のコンセプトカーや、「日産サクラ」、「日産アリア」の「NISSAN e-シェアモビ」向けコンセプトモデルなどを展示し、日産の新しいカスタマイズのラインアップをプレゼンテーションする。

日産モータースポーツ&カスタマイズからは、スーパーGTやFIAフォーミュラE世界選手権などのモータースポーツ系の「NISMO」と、日産直系のカロッツェリアとしてデザインや機能に高度な付加価値を加える「AUTECH」の2ブランドから、それらを象徴する4台を展示する。

また、2023年2月に誕生50周年を迎える「キャラバン」は、芸文社OUTDOORあそびーくるとタイアップした「日産キャラバンOUTDOORあそびーくる」ブースも出展する。人気カスタムショップ7社とコラボして制作したカスタムキャラバン7台と、無料動画サービスGYAO!の人気番組「木村さ〜〜ん」で木村拓哉さんが仕立てた「やっちゃえTREASURE BOX」も展示される。

■出展車両
・フェアレディZ CUSTOMIZED EDITION:前回の東京オートサロンの「東京国際カスタムカーコンテスト(2022)」でグランプリを獲得した「フェアレディZ CUSTOMIZED PROTO」を忠実に再現した市販モデル。今回は特別に「フェアレディ Z 432R」とのコラボレーション展示を実現する。

・ROOX SUITE CONCEPT:軽自動車「ルークス」をベースに、あなたの大切なパートナーとともに特別な日を祝うためのコンセプトカーを参考出展する。広々とした室内空間をさらに広げ、電子ピアノを搭載。プレミアムシートのようなリラックスできるラグジュアリーな空間を演出している。

・Powered Base for PRO:電気自動車リーフの再生バッテリーを活用したポータブル電源を「キャラバン」に4つ搭載し、様々な現場でプロ(PRO)の活躍をサポートする基地(Powered Base)を参考出展する。クルマには太陽光パネルも装備し、大容量の電力が供給可能。電動工具の充電も、車内での快適な休憩も全てポータブル電源がサポート。また、車両装備として可動式の工具棚や、除菌空調システムなど、現場のニーズを満たす充実の装備を満載している。

・キューブ Refreshed & Retro CONCEPT:2019年に販売を終了した「キューブ」の中古車をベースに、傷や色あせなどが気になる外装パーツや、手の触れることの多い内装パーツを新品に交換してリフレッシュしたコンセプトカーを参考出展する。キューブらしさとレトロを融合させたカスタマイズを施している。

・セレナ Highway STAR ACCESSORY CONCEPT:2022年11月にフルモデルチェンジをした新型「セレナ」に日産純正アクセサリーに加え、東京オートサロン専用カスタマイズを施したコンセプトモデルを参考出展する。エクステリアには、よりダイナミックな印象を与えるフロントスポイラーやフロントグリルイルミネーションなど日産純正アクセサリーを装着。また、東京オートサロン専用架装として、ボディラッピングとアルミホイールラッピングを施している。インテリアには、室内空間の居住性を高め、より楽しくドライブできるアイテムを装備している。

・セレナ AUTECH CUSTOMIZED:新型「セレナ」をベースに、「スポーティ」、「上質」へのこだわりを込めて仕立てられた「SERENA AUTECH」を参考出展。18インチ・アルミホイールとローダウンサスペンションにより、スポーティさをさらに強調している。

・サクラ e-share mobi KYOTO CONCEPT/アリア e-share mobi KYOTO CONCEPT:2022年5月に発売した新型軽EV「サクラ」と、クロスオーバーEV「アリア」の「NISSAN e-シェアモビ」向けコンセプトモデルを参考出展する。日産が展開するカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のA PITオートバックス京都四条に配備することを目的とした車両で、和モダンのテイストを強調したデザインとしている。

また、京都をイメージしたアイコンをボディサイドへラッピング。さらに、「サクラ e-share mobi KYOTO CONCEPT」のインテリアには、業務提携を推進しているオートバックスセブンが開発したインテリアパネルとインテリアラバーマットを装着している。

・MOTUL AUTECH Z:2022年のスーパーGT GT500クラスに松田次生選手、ロニー・クインタレッリ選手のドライブにより参戦した「MOTUL AUTECH Z」を展示。

・X-TRAIL AUTECH CUSTOMIZED:本格SUVの新型「エクストレイル」をベースに、さらに高級感や特別感を高めた「X-TRAIL AUTECH」を参考出展する。今回の出展にあたり、エクステリアではダークスパッタリングの20インチ・アルミホイールを、また、インテリアではホワイトレザーシートを採用し、上質さやエレガントな印象をより際立たせたスタイルにとなっている。

・ノート オーラ NISMO:「ノート オーラ」をベースに、フォーミュラEからインスパイアされた「駿足の電動シティレーサー」をコンセプトに、NISMOがチューニングしたモデル。NISMOらしい新世代のデザイン、高揚感をもたらすハンドリング、そして俊敏なレスポンスと伸びのある加速などが特徴。

・日産/NISMOコレクション:ブース内にグッズ販売のコーナーを設置し、「NISSAN」ブランド、「NISMO」ブランド、「NISSAN Z」などのグッズ、限定ミニカーの販売を行なう。

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る