日産「なみえスマートモビリティ」実証実験が最終フェーズへ

日産自動車は2022年12月20日、福島県浜通り地域で実証実験を行なっているオンライン配車サービス「なみえスマートモビリティ」の運賃を2023年1月5日(木)から有償化し、事業化に向けた最終段階の実証実験フェーズへ移行すると発表した。

日産は、地域活動の基盤となる公共交通網として、浪江町に暮らす、関わる、訪れる、全ての人に向けたモビリティサービスの実現と同サービスの持続可能な事業化を目指し、2020年度に「なみえスマートモビリティ」の実証実験を開始している。

約3年にわたる実証実験では、乗降箇所や予約方法の拡充、AIを使ったルート選定を導入したほか、連携協定を締結するパートナーとともに人の移動と物流の双方の効率化を図る、貨客混載などの検証を行なうなど、地域のニーズに根差したサービス向上に取り組んできた。

今回の有償化では、運賃を伴うサービスへの利用者や地域の受容性を検証するとともに、今後のサービス拡充も含めて、人口密度の低い地域でも持続可能なモビリティサービスの事業化スキームを構築していくとしている。

なお、有償化サービスを行なうにあたり、車両運行を行う交通事業者である、有限会社観光タクシー、東北アクセス株式会社、株式会社常交タクシーの3社は、道路運送法第21条の許可(2022年12月2日)を受けている。

利用運賃は町の中心からの距離に基づくゾーン制を採用している。

■サービス窓口
所在地:〒979-1521 双葉郡浪江町権現堂上続町11-3浜通り地域デザインセンターなみえ内
営業時間: 10:00〜17:00(日曜と年末年始を除く)

■スマモビ事務局
所在地:〒979-1521 双葉郡浪江町権現堂上続町12 朝田ビル4F 日産自動車株式会社 浪江事務所内
営業時間:10:00〜17:00(日曜と年末年始を除く)
電話番号:0240-23-5552

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る