日産 中国で無人タクシー事業などを展開する新会社を設立

日産自動車の中国現地子会社である日産(中国)投資有限公司(NCIC)は2022年11月5日、上海で開幕した「第5回中国国際輸入博覧会(CIIE)」で新会社「日産モビリティサービス有限公司」の設立を発表した。新会社は、中国における無人タクシー事業などこれからのモビリティサービスを中心に事業を展開して行くことになる。

この新会社は中国の江蘇省蘇州市相城区に本社を置き、蘇州高鉄新城と連携しながらモビリティサービスへの投資とロボットタクシーサービスの事業展開に取り組み、中国のインテリジェント交通システムの発展に貢献して行くとしている。

日産の山﨑庄平専務執行役員兼NCIC会長は、「人々の生活を豊かにする未来の技術、モビリティに関するソリューションや商品をお客様に提供していくことは、日産の中国における長期戦略において重要です。新会社は、中国市場における50年間の発展のマイルストーンと、市場に対する新しいコミットメントを表しています」と述べている。

日産は、中国における長期戦略の要であるモビリティサービスのための電動化、自動運転技術を投入する。国際的な自動車メーカーで中国にロボットタクシー専門の会社を設立するのは日産が初めてとなる。

木俣秀樹NCIC社長は、「蘇州市相城区は、ルノーと日産の研究開発を担う合弁会社の アライアンス研究開発有限公司がある上海に近く、事業展開への支援と協業の機会があることから、新会社の拠点として選ばれました」と述べている。

蘇州市相城区の高官であるリャン・ジヤオ氏は、「日産は、最も早く中国市場に進出したグローバル自動車メーカーの一つとして、中国の自動車産業の成長と発展を見守り、参画してきました。絶えず先進的な技術や商品を投入し、市場の発展に積極的に貢献してきました。電動化、自動運転、コネクティビティ、モビリティサービスの分野において、豊富な技術的専門知識と強力なプレゼンスを持つリーディングカンパニーとして、日産はCIIEにて、業界のトレンドを形成するわくわくする商品を展示しています」と語った。

また、レベル4の自動運転技術を開発した世界有数の自動運転・モビリティサービス企業であり、広州市でモビリティサービスの成功を収めてきたWeRideが、蘇州市でのプロジェクトに技術的サポートを提供する予定だ。

WeRideのチャン・リーCOOは、「WeRideは、自動運転技術の研究開発から運用まで幅広く参加し、全面的にサポートする予定です。常に安全を最優先しているWeRideは、日産と協力して蘇州市民に安全で使いやすく快適な自動運転体験を提供し、革新的な技術で生活の質を向上させていきます」と述べた。

第5回CIIEは11月5日~10日まで上海市の国家会議展示センター(NECC)で開催され、日産はホール2.1のブースに出展。サステナビリティ関連の最新の成功例や取り組みを展示するとともに、持続可能な交通手段を求める中国の顧客に多様なモビリティソリューションを提供するためのイノベーションを紹介している。

第5回中国国際輸入博覧会(CIIE) 公式サイト

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る