日産 ウイルスを不活性化する空気酸化触媒技術を開発

日産自動車は2022年9月21日、東北大学・薬学研究科などと共同で「常温暗所でも効果を発揮する空気酸化触媒活性種によるウイルス不活性化技術」を開発したと発表した。

この技術は、ウイルス表面のタンパク質などを酸化して変性・分解し、ウイルス不活性化への応用が期待できる。また、通常、酸化に必要な光照射を必要とせず、空気中の酸素を酸化剤として働かせて、常温暗所でも効果を発揮する特長があるのだ。

この技術の開発は、日産と東北大学・薬学研究科、材料科学高等研究所、多元物質科学研究所と共同開発され、有機ニトロキシルラジカル酸化触媒(ラジカル触媒)を活用することが特徴だ。ラジカル触媒は、触媒作用を向上させる物質(助触媒)と協働し、空気中の酸素を酸化剤として様々な有機化合物を酸化させることができる。また、通常、酸化には光照射が必要だが、常温暗所でも効果を発揮する特徴を備えている。

ラジカル触媒は添加剤として、従来から自動車用塗料の高分子基材のほか、内外装材に使われる繊維材料や有機高分子材料に使用されており、長期間にわたり光劣化反応(ひび割れ、脆化、退色等)を抑制する効果があることが知られている。

日産は、以前よりこのラジカル触媒に着目し、積極的に触媒作用を有効活用する方法として、ウイルスの酸化による不活性化への適用を研究開発してきたのだ。

この技術の効果を検証した結果、ラジカル触媒の空気酸化によって生成させるオキソアンモニウムイオンが、ウイルス表面のタンパク質を酸化し不活性化することで、標的細胞への結合やウイルスの感染力を低下させること、そしてSARS-CoV2(オミクロン株)のスパイクタンパク質の受容体結合ドメインを処理することで、受容体への結合活性が著しく低下することが確認されている。

実際に、SARS-CoV2の代替ウイルスであるネコのコロナウイルスを用いて、ネコの腎細胞への感染活性について評価したところ、細胞の形態変化が顕著に抑制された。

この触媒を使用することで、新型コロナウイルスやその他様々なウイルスに加え、各種病原体、真菌・カビ、細菌などを不活性化する効果が期待され、将来的には空調機器や空気清浄機のフィルター、抗菌・抗ウイルス性基材に加え、マスク、医療用各種繊維製品など、幅広い応用が期待できる。

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る