【フォーミュラE】日産がマクラーレンにパワートレインを供給

日産とマクラーレン・レーシングは、ABB FIAフォーミュラE世界選手権における技術パートナーシップを発表した。日産はパワートレインを、シーズン9(2022〜23年)からマクラーレン・レーシングへ供給する。

英国の名門チームであるマクラーレン・レーシングは、Gen3マシンが導入されるシーズン9からフ ォーミュラEに参戦することを発表。同チームにはGen3マシンが使用される期間を通じて、日産のEVパワートレインが供給される。

また、日産は今年の4月にe.damsチームの買収を発表し、フォーミュラEの活動をさらに強化している。日産とマクラーレンは今後、最もチャレンジングで、高度な技術を要するレースの一つであるフォーミュラEに、緊密に連携しながら挑んでいくとしている。

日産の最高執行責任者であるアシュワニ グプタ氏は「日産とマクラーレン・レーシングとのパートナーシップは、様々なコラボレーションとノウハウの共有を強力に推進するものとなるでしょう。日産とマクラーレンに共通するのは、パイオニア精神とイノベーションを貪欲に追求する姿勢です。日産がフォーミュラEに参戦し、クルマの電動化を推進していく上で、マクラーレンは理想的なパート ナーであると考えています」と述べた。

アシュワニ グプタ氏

マクラーレン・レーシングの CEOであるザック ブラウン氏は、「フォーミュラEに初めて参戦するマクラーレンは、チームを編成するにあたり、あらゆる面で最高のパートナーを探していました。中でも技術は大切な要素の一つでしたが、日産は過去4シーズンにわたって献身的にレースに取り組み、その知見と技術を証明してきました。今後、Gen3マシンが導入されるにあたり、このコラボレーションは両者に多くの成功をもたらすと確信しています。両チームのパフォーマンスを向上させ、日産のフォーミュラE用パワートレイン技術の開発を強力に推進することになるでしょう」と語った。

日産はフォーミュラEを通じて、EVの魅力や楽しさを世界中のユーザーに訴求し、2050年までに事業活動を含むクルマのライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルを実現するため、2030年代早期より、主要市場に投入する新型車をすべて電動車両とすることを目指すとしている。そして、EVレースに参戦することで得られるノウハウも活かし、ユーザーにとって、より価値の高いEVを提供していくとしている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る