日産 旅行提案サービスの実証実験を実施

日産自動車は2022年2月21日、顧客の行動データを元に独自開発した提案機能を用い、好みに合う旅行先や立ち寄り先を提供する「トラベルトリガー」サービスの実証実験を2月21日より3月31日までの期間で実施すると発表した。

日産は、クルマやそれ以外での移動も含めた顧客の総合的な行動データや、趣味嗜好を機械学習し分析することにより、個々のライフスタイルをもとに、一人ひとりの好みに合う体験が可能な旅行先や立ち寄り先を提案する「トラベルトリガー」サービスの開発に取り組んでいる。

「トラベルトリガー」は、クルマがより人や社会とつながるために日産が技術開発を推進しているコネクテッドサービスの一例だ。

今回日産は、2020年から進めている実証などで得た知見を反映した提案機能を開発し、新たな実証実験を実施することになった。今回は、新規開発したこの提案機能を用いて、旅行計画アプリ「NAVITIME Travel」(提供元:ナビタイムジャパン)上で、顧客の行動データや趣味嗜好に基づき、それぞれの好みに合った旅行先や立ち寄り先を提供する。

この実証実験では、参加した顧客に、日産が提案機能を通じて提供した内容を評価してもらうことで「トラベルトリガー」の商用化実現に向けた提案機能の技術改善、提案タイミングや提案方法などの検証を行なうことになる。

また、日産は、CASE時代に対応した新たなビジネスモデルの企画開発も進めており、「トラベルトリガー」を含め、将来的には多様な業種とのパートナーシップを通した、集客、広告、観光等の新たなサービスビジネスの展開も視野に取り組んでいるとしている。

実証実験の概要

期間:2月21日〜3月31日
特設サイト:https://travel.navitime.com/static/travel_app/travel_trigger/lp.html
NIVITIME Travelアプリ
 iOS https://apps.apple.com/jp/app/id1279724919
 Android OS https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.travel&hl=ja


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る