日産・NISMO 2022年のモータースポーツ活動計画を発表

日産自動車、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は2022年2月18日、2022年のモータースポーツ活動の概要を正式発表した。

ABB FIAフォーミュラE世界選手権

日産はABB FIAフォーミュラE世界選手権に参戦して4年目を迎えている。シーズン8は、現行のフォーミュラEレギュレーションで開催される最後のシーズンで、Gen2マシンのパフォーマンスは高められている。フリー走行の時間が短縮され、予選では直接対決が行なわれるなど、チームやドライバーが新たなレース構成に臨むことになる。

ドライバーは、2018年より日産e.damsチームから参戦しているセバスチャン・ブエミ選手と、そのパートナーとして今シーズンよりマクシミリアン・ギュンター選手が新たに加入した。

スーパーGT GT500クラス

日産/ニスモは、新たに[フェアレディZ」のグローバル発表に合わせ、同車をベースにした「Z GT500」を開発し、スーパーGT GT500クラスに参戦する。

出場する4チームをまとめる総監督は、ニスモの松村基宏COOが引き続き担当する。また、ミハエル・クルムも引き続きエグゼクティブアドバイザーとしてチーム、ドライバーの支援を行なう。

カスタマーレーシングプログラム

NISMOはFIA GT3規定の「GT-R NISMO GT3」で参戦するチームの支援を引き続き実施する。
今シーズンは6台「GT-R NISMO GT3」がスーパーGT GT300クラスに出場する。GT3オフィシャルパートナーチームであるGAINERから2台、KONDO RACINGから1台のNISSAN GT-R NISMO GT3が参戦。また、NILZZ Racing、RUNUP、BUSOU Drago CORSEがエントリーする。

スーパーGT GT300クラス出場予定チーム

スーパー耐久シリーズのST-Xクラスには、MP Racing、HELM MOTORSPORTS、GTNET MOTOR SPORTSからそれぞれ1台の「GT-R NISMO GT3」が出場する予定。ST-3クラスには、OKABEJIDOSHA motorsportとFKS Team Fukushimaから「Z NISMO RC」が出場を予定している。

また日産自動車と日産自動車大学校は、レース活動を通じた人財育成プログラム「ニッサン・メカニック・チャレンジ」を今シーズンも引き続き実施。参加する日産自動車大学校の学生や販売会社のテクニカルスタッフの経験値をさらに深めるために、GT300に加え、新たにスーパー耐久シリーズを追加し、「ニッサン・メカニック・チャレンジ」のさらなる拡大に取り組む。

この他に、日産/NISMOは、今シーズンもVK56型エンジンをカスタマーチームに供給し、技術支援を行なう。このエンジンは、北米ではデイトナ24時間レースを含む「IMSAウェザーテックスポーツカー選手権」、「IMSAプロトタイプチャレンジ」、欧州では「ヨーロピアン・ルマン・シリーズ」、「ミシュラン・ルマン・カップ、アルティメイト・カップ・シリーズ」、「ドイツ・プロトタイプ・カップ」、そしてUAEで開催される「アジアン・ルマン・シリーズ」など、世界各地で開催される全てのLMP3クラスのレースに出場するチームに供給される。

その他の活動としては、NISMOドライビングアカデミーが開催され、NISMOロードカーやGT-R、フェアレディZ、スカイライン400Rのユーザーを対象として2016年から開催している。今年度もミハエル・クルムが校長、ニスモ契約ドライバーが講師を務め、日本各地のサーキットで開催する予定となっている。

NISMO 公式サイト

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る