日産 新型Zで参戦するスーパーGT GT500のドライバーを発表

日産とNISMOは2022年1月25日、新たに投入する「Z GT500」のステアリングを握る2022年のスーパーGT GT500クラス日産系チームのドライバー体制を発表した。

NISMOの片桐隆夫CEOは、「今シーズンは、いつでも勝てるドライバーラインアップとしました。TEAM IMPULに新たに加わったバゲット選手には、このチームにふさわしい熱い走りを見せてくれることを期待しています。また、NDDP RACINGの監督に島田次郎を、NISMOの監督に中島健を抜擢しました。監督としてはルーキーですが、レースを知り尽くした彼らには全幅の信頼を寄せています。いよいよ、ニッサンZ GT500のデビューシーズンを迎え、開幕戦に向けて車両開発も正念場を迎えます。新体制のもと、常に勝利を目指し、チームの力を結集して全力でレースに臨みたいと思いますので、今シーズンも変わらぬ応援をお願いいたします」と語っている。

また、2月20日(日曜日)に、スーパー GT GT500クラスの監督やドライバーも参加するモータースポーツ・ファンイベントをオンラインで開催すると発表した。イベント詳細については後日発表される。

NISMO 公式サイト

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る