日産 ドコモと自動運転車両を用いたオンデマンド配車サービスの実証実験を開始

日産とNTTドコモは2021年7月19日、横浜みなとみらい、中華街エリアでレベル2のシステムを搭載した運転車両を用いたオンデマンド配車サービスの実証実験を9月21日から開始しすると発表しました。また、この実証実験に参加する一般モニター約200名を19日からインターネットで募集を開始しています。

日産とドコモは、少子高齢化に伴う公共交通のドライバー不足など、地域社会が抱える交通サービスの課題解決に向けて、両社の持つ新技術を活かし、自動運転サービスの実証実験を共同で実施することになりました。

この実証実験は、レベル2の自動運転車両を用いた交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」とAI(人工知能)を活用したドコモのオンデマンド交通システム「AI運行バス」を組み合わせて実施されます。

進化した日産のレベル2車両と今回新たに自動運転車両の配車に対応したドコモの「AI運行バス」を組み合わせることで、将来の完全自動運転による交通サービスをイメージさせる最新技術やサービスを実際に一般の人々に体験してもらい、その実用性を検証することを目的としています。

乗車後に実施する一般モニター向けアンケートでは、乗降時や乗車中の体験についての評価や周辺店舗と連動したサービスの利用状況、実用化した場合の想定利用価格などについて調査します。

アンケート結果は、実証実験を通じて得られた走行データや配車状況データなどとあわせ、さらなるサービス開発や今後の実証実験に活用する予定となってます。日産とドコモは、両社の持つ最新技術の強みを活かし、誰もがどこからでも好きな場所へ自由に移動できるサービスの実現をめざしていきます。

ドコモはこの実証実験に向けて、「AI運行バス」の自動運転車両、電気自動車両への対応を行なっており、具体的には、自動運転時のドアの開閉との連携や、車両の電池残量を考慮した配車制御を新たに実装しています。

また、配車予約では、行きたい場所を地図から直接指定する以外に、ショッピングや食事、観光などのカテゴリから目的地を選択することが可能です。

なお、この実証実験は、横浜市がIoTなど(IoT、ビッグデータ、AI、ロボットなど)を活用し新たなビジネスモデル創出による社会課題の解決をめざしたオープンプラットフォームである「IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I・TOP 横浜)」の取組みの一つです。また、「自動運転ロボット利活用サービス」として、神奈川県の「さがみロボット産業特区」における重点プロジェクトとしても位置づけられています。

実証実験概要

場所:横浜みなとみらい/中華街エリア(エリア面積 約2km2)
期間:2021年9月21日(火)~2021年10月30日(土) 日曜、月曜除く8:30~16:00
車両台数:4台
乗降地数:23ヶ所
配車予約方法:スマートフォン向けアプリから予約 (事前に利用登録が必要)
一般モニター募集人数:約200名 
募集期間:7月19日~8月15日
募集放送:専用WEBサイトから  https://www.easyride-aibus.jp/entry/

NTTドコモ 公式サイト

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る