日産は「インフィニティQX60」を発表。上級ミッドサイズSUV

日産はアメリカ市場向けのインフィニティ・ブランドで、上級ミッドサイズSUVの新型「QX60」を発表しました。この新型「QX60」は2022年型モデルとして2021年秋にアメリカ市場、中国市場で発売される予定です。

インフィニティ・ブランドにおいて、「QX60」は市場にマッチする最重要モデルで、デザインは現代的でしかも日本的なラグジュアリーを表現。ボディサイズは、全長5034mm、ホイールベース2900mmというゆとりあるサイズで、乗る人に安らぎをアピールするアメリカにおけるミドルサイズ3列シートSUVです。

「QX60」のオリジナルショートフィルムでは、ゴールデングローブ賞受賞とアカデミー賞にもノミネートされた実績を誇る女優のケイト・ハドソンさんを起用しています。

新型「QX60」のインテリアは、広々としたラグジュアリーなスペースを目指し、滑らかでソフトな素材を採用し、優れた機能をシームレスに統合。高解像度タッチスクリーン、ワイヤレス充電、Wi-Fi接続、そしてチャイルドシートを取り外さずワンタッチ操作で3列目にアクセスできる2列目シートなど、より快適に、よりスムーズに過ごすための機能が充実しています。

また、299psを発生する3.5LのV型6気筒エンジンを横置き搭載し、ZF製9速オートマチックトランスミッションやインテリジェント4WD、ナビリンク機能付きのプロパイロット・アシストなどを組み合わせて採用しています。

新型「QX60」は2ヶ所の工場で生産され、北米と世界市場向けにはアメリカ・テネシー州スマーナ工場で生産。

さらに2022年初頭からは東風汽車集団有限公司と共同で、中国で生産しデリバリーを開始します。

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る