人とくるまのテクノロジー展2021 日産 ゼロ・フェイタリティ実現に向けて

日産は2021年5月25日、自動車技術会主催の「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2021 オンライン」への出展概要を発表しました。

日産は、2050年までに事業活動を含むクルマのライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルの実現、交通事故の死者数を実質ゼロにするゼロ・フェイタリティの実現に向けた技術開発を進めていることを背景に、今回のオンライン展示では、ニッサン インテリジェント モビリティを実現する最新技術として、「アリア」、新型「ノート」に搭載している電動化や運転支援技術を中心に紹介する内容になっています。

インテリジェントパワー

電気自動車や「e-POWER」のモーター駆動車がもたらす新たな価値を紹介。
・EV専用プラットフォームおよび新開発の電動四駆制御「e-4ORCE」の技術
・第2世代に進化した「e-POWER」と新開発「e-POWER 4WD」の技術
・熱効率50%をめざす「e-POWER」専用エンジン

インテリジェント ドライビング

運転がより快適になる先進運転支援技術「プロパイロット」の最新技術を紹介。
・高速走行をサポートする「プロパイロット」、「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」、「プロパイロット2.0」
・駐車をサポートする「プロパイロットパーキング」、「プロパイロットリモートパーキング」

インテリジェント インテグレーション

シームレスな体験を提供するコネクティッド技術を紹介。
・「日産アリア」に搭載の最先端コネクティッド技術
・統合型インターフェイスディスプレイなど新型「ノート」搭載の先進コックピット技術。

また、自動車技術会主催の新車開発講演では、新型「ノート」の開発責任者が「乗ればわかる電気の楽しさ、新型ノートの開発」をテーマに講演を行ないます。

テーマ:「乗ればわかる電気の楽しさ、新型ノートの開発」
講演者:渡邊明規雄(第一製品開発本部 第一製品開発部 チーフビークルエンジニア)

「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」公式サイト

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る