日産 2050年カーボンニュートラルの目標を設定 電動化を加速

日産は2021年1月27日、2050年までに事業活動を含むクルマのライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを実現する新たな目標を発表しました。その目標の達成に向け、2030年代早期から主要市場に投入する新型車をすべて電動車両とすることを目指すとしています。

そのために、よりコスト競争力の高い効率的なEVの開発に向けた全固体電池を含むバッテリー技術を革新すること、エネルギー効率をさらに向上させた新しいe-POWERを開発すること、再生可能エネルギーを活用した分散型発電に貢献するバッテリー エコシステムを開発するとともに、電力網の脱炭素化に貢献するエネルギーセクターとの連携を強化すること、そしてニッサン インテリジェント ファクトリーをはじめ、車両組み立て時の生産効率を向上させるイノベーションを推進し、生産におけるエネルギーと材料の効率向上を目指すことになります。

日産としては、CO2排出量の削減や電動化技術の実用化など、これまでに環境対応と社会的価値の創出に向けて取り組んできた活動をさらに発展させ、この新たな目標に取り組み、これらの取り組みによりパリ協定の気候変動目標の達成や、2050年のカーボンニュートラルに向けたグローバルな活動を展開することになります。

日産の内田誠CEOは「日産は、気候変動に対するグローバルな課題解決に貢献していくため、覚悟をもって取り組んでいきます。これをチャンスとして捉え、私たちの強みである電動化車両を主要市場へ積極的に投入し、カーボンニュートラルの実現へ大きく貢献していきます。日産は、人とクルマと自然の共生を追求しながら、人々の生活を豊かにする、そのためにイノベーションをドライブし続けます」と語っています。

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る