日産グループ 神奈川県へ医療物資搬送用の車両を提供【新型コロナウイルス】

日産自動車及び、日産カーレンタルソリューション、神奈川県内の日産販売会社は、新型コロナウイルス医療現場への支援の一環として、神奈川県に医療物資輸送用車両を提供することを決めたと発表しました。

本車両は、神奈川県からの協力要望に対し、「エルグランド」、「セレナ」、「キャラバン」など11台を、4月24日から6月末まで提供するもので、主に、軽症者受け入れ施設と病院や保健所間で物資の輸送用として活用します。また、医療従事者や保健所職員など の移動用としても活用される予定ということです。

また、日産グループは、各事業所で保有する 3D プリンターを活用して医療用フェイスシールドの製造に着手し、23日より医療現場への出荷を開始したことも公表しました。

さらに、日本政府の要請に基づき人工呼吸器および人工心肺装置の製造メーカーへの支援についても、検討を開始しているということです。

日産関連記事:https://autoprove.net/nissan/


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る