日産 フォーミュラEシーズン6もブエミ&ローランド選手を継続起用

日産は2019年9月5日、「ABB FIAフォーミュラE選手権シーズン6」を戦う日産チームのドライバーとして、セバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドを継続して起用すると発表した。

オリバー・ローランド選手(左)とセバスチャン・ブエミ選手
オリバー・ローランド選手(左)とセバスチャン・ブエミ選手

新シーズンは2019年11月22日〜23日にサウジアラビアのリヤドでダブルヘッダーイベントで開幕し、チリのサンティアゴ、メキシコシティ、香港、ローマ、パリ、ソウル、ベルリン、ニューヨークなどの都市で開催される。そして、2020年7月25〜26日にロンドンで行われるダブルヘッダーイベントが最終戦となる。

シーズン5からフォーミュラEに参戦した日産は、シーズン最多記録となる13レース中6レースでポールポジションを獲得。ブエミはシーズン終盤に4戦連続で表彰台を獲得してランキング2位となり、ローランドはルーキードライバーの中で最多となるポイントを獲得している。

そして、ブエミはシーズン5の第12戦で日産にとって初めての勝利をもたらした。自身のフォーミュラEキャリアにおいては、これまでに13勝、14ポールポジション、7つのファステストラップ記録を保持している。またローランドはシーズンを通して10回のセッションでトップタイムを記録し、中国三亜で行なわれた第6戦では日産として初の表彰台を獲得した。

日産グローバルモータースポーツダイレクターであるマイケル・カルカモは、「シーズン5でブエミは素晴らしい活躍をし、ドライバーズランキングで2位となりました。また、ローランドも初参戦のシーズンで多くのことを学びましたし、優れたドライバーであることを証明しました。シーズン6のドライバーラインアップには、自信をもってこの2人を選びました。ブエミは、ルーキーイヤーであるローランドのサポートにも最善を尽くしてくれましたし、常にチームを前進させることを優先してくれました。ブエミが日産にもたらしてくれた初勝利を誰も忘れることはないでしょう」と語っている。

フォーミュラEシーズン6
フォーミュラE 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る