三菱 新型「エクスパンダークロス」インドネシア国際オートショーで発表

三菱自動車は2022年8月12日、デザインを一新して走行性能を向上させた新型クロスオーバーMPV「エクスパンダー クロス」を第29回インドネシア国際オートショーで発表し、発売を開始したと発表した。「エクスパンダー クロス」はミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県)で生産され、アセアン地域を中心に順次展開していく予定となっている。

「エクスパンダー クロス」はクロスオーバーMPV「エクスパンダー」をベースに、SUVらしい力強いデザインと高い走行性能、快適な乗り心地を実現したシリーズ最上位モデルとなる。

2019年にインドネシアで発売後、アセアン、中東、中南米、南アジア、アフリカと販売市場を拡大し、2017年に販売を開始した「エクスパンダー」と合わせると、累計販売台数は2022年7月末までに47万台以上、2021年度は11万台以上と三菱では3番目の販売実績を記録しているモデルだ。

新型「エクスパンダー クロス」は、フロントとリヤのデザインを一新してさらにSUVらしいスタイリングを実現するとともに、前左右輪の制動力を調整して旋回性を高めるアクティブヨーコントロール(AYC)の採用により、走行時の安定性や乗り心地を向上させている。AYCは、ブレーキ制御による前左右輪間のトルクベクタリングを行なうことで、滑りやすい路面での姿勢制御が可能になる。

インテリアでは、8インチカラー液晶メーターを採用し、先進的な室内空間としている。ステアリングホイールのスポーク部に配置されたスイッチを操作で、平均燃費や瞬間燃費などの運転情報や、AYCの作動状態等の車両情報をメーターで確認することができ、運転に必要な情報に簡単にアクセスすることができるようになっている。

三菱 エクスパンダー 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る