三菱 軽商用バン「ミニキャブバン」、ワゴン「タウンボックス」を一部改良

三菱自動車は2021年9月24日、軽商用車バンの「ミニキャブバン」とワゴンタイプ軽乗用車「タウンボックス」の一部改良を行ない発売しました。

ミニキャブバン「G」

ミニキャブバンの改良点は、アクティブスタビリティコントロール(ASC)を全グレードに標準装備しました。滑りやすい路面などでの横滑りを抑え、タイヤの空転を防止することで走行時の安定性を向上させます。

さらに周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯・消灯するオートライトコントロールを全グレードに標準装備化しました。またヒルスタートアシストを「M」(4速AT)に標準装備。

この他に上級グレードのみの装備であった電動格納式リモコンドアミラーを「G」にも採用。さらに4WD車にはミラー面の霜・露を除去できるヒーテッドドアミラーも採用。そしてプライバシーガラスを全グレードに標準装備としています。

デザイン面ではメッキ・フロントフードガーニッシュを「ブラボーターボ」に採用し、質感を向上。またモバイル機器等の充電が可能なUSB電源ソケット(2個)を標準装備(「M」を除く)としています。

タウンボックス「G」

タウンボックスの改良点は、アイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を採用。また4WD車に標準装備していた運転席シートヒーターを2WD車にも追加し快適性を向上させています。

その他に、モバイル機器等の充電が可能なUSB電源ソケット(2個)を標準装備し、利便性を向上させています。

価格

三菱 ミニキャブ 関連記事
三菱 タウンボックス 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


ページのトップに戻る