三菱「eKワゴン」「eKスペース」一部改良

三菱自動車は2022年9月8日、軽乗用車「eKワゴン」、「eKスペース」を一部改良し、同時に先進の安全・快適装備を充実させた「T Premium」「G Premium」を設定新設定し発売を開始した。

eKクロス「T Premium」

主な改良点は、「eKクロス スペース」に2トーンのチタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ、「eKスペース」にモノトーンのミントブルーメタリックを新たに設定するなど、ボディカラー展開を見直した。

また「eKクロス スペース」の「T」に、従来はメーカーオプション設定としていた後席の使い勝手や快適性を高める後席パッケージを標準装備化している。

「eKスペース」の「T」は、従来はメーカーオプション設定としていた運転席側電動スライドドア(ハンズフリーオートスライドドア)を標準装備としている。

なお、「eKクロス スペース」、「eKスペース」の福祉車「助手席ムービングシート仕様車」は継続設定となっている。「助手席ムービングシート仕様車」は、電動で助手席シートが外側に回転し、車外にスライドしながら下降することで乗降性を高めた福祉車で、車いすから助手席への乗り降りの負担を軽減させることができる。

eKクロス スペース「T Premium」

「eKクロス スペース」「eKスペース」に「T Premium」「G Premium」を新設定

SUVテイストのエクステリアデザインを採用している軽乗用車「eKクロス」、「eKクロス スペース」のガソリンエンジ・ンモデル「G」、ガソリンターボエンジン・モデル「T」に、従来はメーカーオプション設定としていた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」や、デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター付)、マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)など先進の安全・快適装備を標準装備としている。

さらに「eKクロス スペース」には、従来はメーカーオプション設定としていた後席の使い勝手や快適性を高める後席パッケージを標準装備化させている。

価格

三菱 eKクロス 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る