三菱 エクリプスクロス 一部改良で「BLACK Edition」追加

三菱自動車は2022年11月10日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にブラックのアクセントカラーを内外装を採用した特別仕様車「BLACK Edition」を設定するとともに、グレード展開の見直しや機能装備の充実など一部改良を実施した。発売は、「M」、「G Limited Edition」を11月10日から、その他グレードは2023年2月16日からの販売が予定されている。

新設定された「BLACK Edition」

主な変更点は、PHEVモデルとガソリン・モデルのグレード展開を見直し、それぞれ「P」、「G」、「M」とし、特別仕様車「BLACK Edition」と「G Limited Edition」を設定した。また「P」、「G」、「BLACK Edition」にエレクトリックテールゲート(ハンズフリー・停止位置メモリー機能付)を標準装備し、積み下ろしの際の利便性を向上。

ガソリン・モデルの「P」、「G」、「BLACK Edition」、「G Limited Edition」にも高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を追加。高速道路の長距離走行や渋滞時の疲労を低減させている。

PHEVモデルは、ガソリン・モデルに設定されていた「G Limited Edition」を新設定。高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」、LEDヘッドライト&フォグランプなどを装備し、快適性・利便性を向上させながら、買い得な価格設定の特別仕様車を設定している。

特別仕様車「BLACK Edition」は、上級グレード「P」をベースに、ブラックをアクセントとした上質かつスポーティな内外装としている。クステリアでは、スキッドプレート(フロント/リヤ)、サイドドアガーニッシュ、ドアミラーをブラックで統一し、専用ブラック塗装のアルミホイールを採用。

BLACK Edition」のインテリア

インテリアでは、メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュをブラックに、ドアグリップとインストルメントパネルオーナメントをダークシルバーとし、シートやドアアームレスト、ディンプル付本革巻ステアリングホイールにグレー系のステッチを配することで、落ち着きのある上品なキャビンとしている。

価格

三菱 エクリスプクロス 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る