三菱「エクリプス クロス」を一部改良 PHEVにマイパイロットを搭載

三菱自動車は2021年11月25日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」の予防安全機能を充実させる。PHEVモデルには高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット(MI-PILOT)」を採用するなど一部改良を実施し、発売を開始した。

またガソリンモデルにお買得の価格ながら機能装備を充実させた特別仕様車「G Limited Edition」を設定し、2022年1月下旬から発売することも発表した。

今回の改良は、PHEVモデルに高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を装備。これにより、車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援することで、高速道路での渋滞走行や、長時間の巡航走行においてドライバーの負担を軽減することができる。

PHEVモデル、ガソリンモデルともに、これまで「P」のみに標準装備の後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]を「G」にも標準装備化している。

ガソリンモデルの特別仕様車「G Limited Edition」は、18インチアルミホイール(切削光輝仕上げ)を採用。インテリアではシート素材に上級ファブリックを採用したほか、ブラック加飾付きの本革巻ステアリングホイールや、フロントドア部分のLEDインテリアイルミネーションを装着。また運転席/助手席シートヒーター、左右独立温度コントロール式フルオートエアコンも装備している。

運転支援システムとしては高速道路などでのイージードライブを可能にするレーダークルーズコントロールシステム[ACC]、少ない視線移動で速度等の運転情報を確認できるヘッドアップディスプレイ、ブレーキオートホールド機能をもつ電動パーキングブレーキを装着している。

価格

クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金:21万2000円

エクリプスクロス 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る