三菱 「XFC CONCEPT」斬新デザインのコンパクトSUVをベトナムでお披露目

三菱自動車は2022年10月19日、 ベトナム自動車工業会(VAMA)とベトナム自動車輸入業者協会(VIVA)が主催、ホーチミン市で開催されるベトナムモーターショー2022(10月26日~30日)に先駆け、ホーチミン市でコンパクトSUVコンセプトカー「XFC CONCEPT」を世界初披露した。このコンセプト・モデルはベトナムモーターショー2022に参考出品車として一般公開される。

三菱は、アセアン市場向けにピックアップトラック「トライトン」と、その派生モデルのミッドサイズSUV「パジェロスポーツ」、ミッドサイズSUV「アウトランダー」、「アウトランダーPHEV」、クロスオーバーMPV「エクスパンダー」、「エクスパンダー クロス、コンパクトハッチバック「ミラージュ」とセダン版の「アトラージュ」など幅広いラインナップを展開している。今回発表したコンセプトカー「XFC CONCEPT」は、アセアンの現行ラインナップに存在しなかったコンパクトSUVによりラインアップの幅を拡大する役割を持っている。

加藤隆雄社長は、「新型コンパクトSUVは2023年度にベトナムを含むアセアン各国に順次投入していきます。将来的には電動車の追加や、アセアン以外の地域にも展開する計画であり、アセアン戦略車から世界戦略車となり当社の販売を牽引するMPVのエクスパンダーのような主力車種に育てていきたいと思います」と語っている。

「XFC CONCEPT」は、「Best suited buddy for an exciting life(毎日を愉しく過ごすことができる頼もしい相棒)」をコンセプトとし、SUVらしい力強く堂々としたデザイン、運転のしやすさや十分なラゲッジルームといった実用性、クラストップレベルの居住空間などの快適性、荒れた路面や激しい降雨による冠水路でも安心・安全の走破性を実現した、新世代のコンパクトSUVと位置付けられている。

エクステリアは、強く堂々としたスタンスと、フロントのスリーダイヤから始まり、サイド、リヤへと流れるように続く滑らかなサーフェイスを融合させ、アセアンの都会に合うスタイリッシュでスポーティなデザインだ。一方で、しっかりと確保した最低地上高と大径タイヤによって悪路走破性を高め、堅牢性と敏捷性を表現し、アウトドアシーンでも存在感を発揮する本格的なSUVスタイリングとしている。

インテリアは、SUVとして重要な運転のしやすさ、居住性の高さにこだわりパッケージングが行なわれている。インストルメントパネルには水平基調のデザインを採用。前方の視認性を高めるとともに、悪路走行時の車体姿勢の変化をつかみやすくしている。

インストルメントパネルからドアトリムまでつながるダイナミックな形状とし、さらにソフト素材で巻いたパッドを連続させることで、包まれ感、守られ感を演出し、安心で快適なインテリアを実現。そして良好な前方視界を確保し、見切りがよく取り回しやすいといった運転のしやすさを追求。

インストルメントパネルにはフル液晶ドライバーディスプレイとセンターディスプレイを一体化した大型パネルを採用し、ナビゲーションや路面状況など運転に必要な情報を3画面で表示可能とし、先進性を表現しながら、安心で快適な運転環境を提供。また、コンパクトサイズのボディでありながら、十分なラゲッジルームを確保するなど実用性を追求しました。

最低地上高は十分に確保し、NORMAL(ノーマル)、WET(ウェット)、GRAVEL(グラベル)、MUD(マッド)という4つのドライブモードを設定することで、さまざまな天候や路面でも安心・安全に走行することができる。また三菱車で初採用となるウェットモードを備え、スコールによる冠水路でも安心して走行できるなど、アセアンでの使い方を重視したモデルとなっている。

ベトナム モーターショー 2022:https://www.vietnammotorshow.vn/

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る