三菱 欧州向けコンパクトSUV「ASX」がキャプチャーのOEMモデルで登場

三菱自動車の欧州事業統括会社であるミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・ブイ(MME)は、ヨーロッパ市場向けの新型コンパクトSUV「ASX」をオンラインでワールドプレミアを行なった。

コンパクトSUV「ASXはグローバルに幅広く展開する三菱の主力車種で、ヨーロッパ市場では2010年から販売を開始している。しかしその後、三菱はヨーロッパ市場向けの新型車種開発を凍結しており、2代目「ASX」となるこの新型モデルは、アライアンスパートナーであるルノー「キャプチャー」のOEMモデルとなって登場した。

ルノー・日産・三菱自動車アライアンスによるCMF-Bプラットフォームを採用したコンパクトSUVで、スペインのルノー社バリャドリード工場で生産され、2023年3月からヨーロッパの一部市場で販売を開始する計画だ。

新型「ASX」は、キャプチャーをベースに、フロントは三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の要素を取り入れ、上部にスリーダイヤを配したフロントグリルを採用している。

室内は広いラゲッジルームとスライド式リヤシートで利便性を向上。またインストルメントパネルの中央にはスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を配置。ディスプレイ上からドライブモードを選択することができる「マルチセンス」システムを採用している。

運転支援システムは、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)と車線維持支援機能を組み合わせた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」をはじめとした先進運転支援システムを搭載している。

パワートレインは、ヨーロッパ市場に適合させて複数の設定となっている。1.6L(H4M型アトキンソンサイクル)ガソリンエンジンに駆動用と発電用の2つのモーター、マルチモードの自動変速機と10.5kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたPHEVモデルをはじめ、1.6Lガソリンエンジンに駆動用と発電用の2つのモーター、マルチモードの自動変速機と1.3kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたハイブリッド・モデル、1.3L直噴ガソリンターボエンジンと6速MT、または7速DCTを組み合わせたマイルドハイブリッド・モデル、1.0Lガソリンターボエンジンと6速MTを組み合わせたガソリンエンジン・モデルをラインアップしている。

なおルノー キャプチャーの場合は、PHEVモデルは「E-Tech ハイブリッド プラグイン」、ハイブリッド・モデルは「E-Tech ハイブリッド」と呼称している。

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る